手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

同情だけの手話通訳に対して 第一回全国手話通訳者会議考察1968年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介 第一回全国手話通訳者会議では、京都府身体障害者福祉センターから京都府民生労働部に異動していた向野嘉一氏は次のような報…

日本初の「手話技師」の採用 第一回全国手話通訳者会議考察1968年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介 ろう学校教師は、卒業生の「進路指導」という名目でろう学校卒業生のあらゆる問題に関わっているということでろう学校教師と…

ろう学校に依存しない行政対応 第一回全国手話通訳者会議考察1968年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介 第1回手話通訳会議では、手話の各論についての報告で国立聴力障害センターの貞広邦彦氏に続いて京都府民生労働部主任主査の…

手話 の強さ弱さ位置を手話ではっきりさせ力の入れぐあいで手話の意味が違うと提起 第一回全国手話通訳者会議考察1968年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介 さらに、第一回全国手話通訳者で貞広邦彦氏は、点があったり、リズムが必要であり、相手と自分が通じ合うための手話として考…

身振りは文字以前やはなしことば以前に重要なコミュニケーション 第一回全国手話通訳者会議考察

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介 人間の歴史を遡ると身振りは文字以前やはなしことば以前に重要なコミュニケーションとして、異民族同士のコミュニケーション…

貞広邦彦 氏は厚生省職員として 手話や手話通訳が 一瞥だにされなかった時代手話と手話通訳を広めた 第一回全国手話通訳者会議考察

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介 貞広邦彦氏は、1961年に厚生省の要請で厚生省職員として国立聴力言語障害センターで働くことになる。 このことはとても大切な…

ろう学校 の生徒や ろうあ者 の「幸せ」「生活」などを自分たちの尺度で形成した枠組みの中に押し込めようとする 第一回全国手話通訳者会議考察

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介 第一回全国手話通訳者会議で東京のろう学校の大久保襄氏は、手話や手話通訳、さらにろうあ者問題やろう教育について「消極性…

洞ヶ峠を決め込まないろう学校の教師たち 第一回全国手話通訳者会議考察

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介 京都ろう学校には学校以外で手話通訳をしていた教師は5人以上いた 京都ろう学校の授業拒否事件は語り継がれても、生徒たちが…

口話教育だけでろう教育は充分ではないと示さなかった教師たちの責任 第一回全国手話通訳者会議考察

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介 往々にしてろう学校では、あたり障りのない、見て見ぬ振りをする傾向が横行していた。 だが、ろう学校の教育をたえず改善した…

見すごせられない ろう学校教師の「いい加減さ」「美辞麗句をならべるだけ」 第一回全国手話通訳者会議考察

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介 あえてろう学校教師の「いい加減さ」「美辞麗句をならべるだけ」で、自らの学校と自らの教育の改善を志向してこなかったこと…

手話のできるろう学校教師は手話と教育を理解していたのだろうか 第一回全国手話通訳者会議の考察

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介 手話のできるろう学校教師は 手話と教育を理解していたのだろうか 伊東雋祐氏の第一回手話通訳者会議での発言と問題はすでに…

手話の必要性を説くろう学校長と必要性を感じないとする教師の差違 第一回全国手話通訳者会議の考察

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介 1968(昭和43)年の段階でも福島県立福島ろう学校長は手話の必要性を認め、教職員のが手話を学ぶ機会をつくろうと言っている…

第一回全国手話通訳者会議 -1968(昭和43)年、6月2日- の考察

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介 1968(昭和43)年、6月2日。 全国ろうあ者大会とともに福島市・福島市民センターで、第一回全国手話通訳者会議が開かれ、それ…

苦しくもあり哀しくもあったが人間性で満ち溢れていた 京都ろうあセンターはなぜつくられたの⑳

http://sakukorox.hatenablog.com/entry/2017/12/08/211007 手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介 京都ろうあセンターは、多くの人々によって支えられ、それが基礎…

耐えきれないドンドン、ガンガンの音と近隣の人々  京都ろうあセンターはなぜつくられたのか⑲

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介 京都ろうあセンターの改装。今日のような空調が出来る高価な改造は望めべくもなかった。 だが、みんなは大満足だった。 しば…

違っていた視覚障害者・盲人と聴覚障害者・ろうあ者の施設・設備 京都ろうあセンターはなぜつくられたのか⑱

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介 京都市、特に京都市職員の福祉担当者はろうあ者は単に耳が聞こえない、とだけ考えるのは誤りで表面的な現象だけを聞いていて…

専任手話通訳の採用はろうあ者福祉の出発点 京都ろうあセンターはなぜつくられたのか⑰

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介 京都市は全国で初めて専任手話通訳者を採用したが、その身分は嘱託だった。 このことに対してろうあ協会は、京都市の自治体が…

素晴らしいろうあ者の人間像が数多観えた 京都ろうあセンターはなぜつくられたのか⑯

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介 寄付が集まらなかったら給与が出ないろうあセンターの職員の状況をいつもろうあ者の人々は気遣っていてくれた。 昼飯時や仕事…

本来行政がなすべきものであると京都府・京都市・各市町村へ 京都ろうあセンターはなぜつくられたのか⑮

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介 京都ろうあセンターは、社団法人京都府ろうあ協会の事業として出発した。 京都ろうあセンター館長は 自ら先頭を切って連日寄…

給与も出せないままであるにもかかわらず 京都ろうあセンターはなぜつくられたのか⑭

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介 資金の見通しが極めて不充分であっても、旧ライトハウスをろうあ者のセンターとするための京都ろうあセンターの準備が、はじ…

見通しが充分なくても京都ろうあセンターの看板を高々と掲げる壮絶な決意 京都ろうあセンターはなぜつくられたのか⑬

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介 コロンブスの卵。 大陸発見はだれにでもできると言われたコロンブスが、卵を立てることを試みさせ、一人もできなかった後に卵…

ろうあ者福祉の歴史を変える運命の分岐点 京都ろうあセンターはなぜつくられたのか⑫

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介 1967(昭和42)年2月を前後して、京都市の職員と京都府の職員が同じ場所での福祉関係行政者の集まりに出張する車中。京都市の職…

盲人協会の血と涙と汗の結晶京都ライトハウス移転とろうあ協会のねがい 京都ろうあセンターはなぜつくられたのか⑪

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介 1967(昭和42)年2月を前後して、京都市の職員と京都府の職員が同じ場所での福祉関係行政者の集まりに出張する車中。 京都市の…

どっこい ろうあ者や家族、多くの人々の善意の気持ちが簡単に踏みにじられたが 京都ろうあセンター はなぜつくられたのか⑩

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介 1959(昭和34)年6月29日。京都。 いわゆる「第二教室」の事業場などの和解が成立する。 私立京都聾口話学園からはじまり、事…

全日本ろうあ連盟 は手話に籠められた意味と体現と哀しみを知ってこそ 優生保護法 不妊手術

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介 2018年7月1日付け日本聴力障害新聞(発行所一般法人全日本ろうあ連盟の「新しい手話」創作 旧優生保護法と「不妊(手術)」を…

哀しみと損失は膨大であったが希望は燃えさかって 京都ろうあセンターはなぜつくられたのか⑫

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介 困りはてたろうあ協会は、これらの問題を引き受けてくれる弁護士を尋ね、弁護を引き受けてくれた著名な能勢克男弁護士に弁護…

京都府ろうあ協会はろうあ者の手によるろうあ者のための事業をはじめたが 京都ろうあセンター はなぜつくられたのか⑪

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介 1955(昭和30)年、私立京都聾口話学園管理者たちは、第二教室と呼ばれていた建物付属施設一切を京都府ろうあ協会会長の明石…

第二教室の悲劇を繰り返してはならない 京都ろうあセンターはなぜつくられたのか⑩

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介 京都ろうあセンターを考える時、現在の京都聴覚言語センターなどを基にして考える人が多いが、それは結果を見て過程を十分吟…

制定された身体障害者福祉法に京都のろうあ協会基本問題を指摘 京都ろうあセンター はなぜつくられたのか ⑨

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 京都のろうあ協会原基本問題を指摘 制定された身体障害者福祉法にたいして 制定された身体障害者福祉法にたいして京都のろう…

貧困にあえぐ中でもあえてなけなしのお金を   京都ろうあセンター はなぜつくられたのか ⑧

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介 1968年から京都ろうあセンター設立がすすめられたが、そのほとんどはろうあ協会とその協力者の寄付でまかなわれていた。 貧困…