手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

金糸、銀糸に彩られた薄暗いIさんの家で

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 歯科医の帰り道。 二人で転げ回って笑い続けて、「お尻」「パー」を繰り返した。 歯科医がなんと解りやすく説明をしてくれた…

お尻に握り拳を当てて手を「パー」にした歯科医と伝統産業に携わるIさんとの出会い

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 ある日のこと。歯科治療中に隣から強い目線を感じて、ふとみるとIさんが居た。 彼は先に治療が終わったが待合室で待っていて…

京都伝統工芸数十年の技ではなく ろうあ者 の技だろう

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 京都に住んでいていいですねぇ、としばしば言われる。 その「いい」ものの中に京都の伝統工芸などをあげられる人と出会うと…

聞こえない 家族 の中で育ったから 聞こえない人 のことを理解している思い込んでいるが決してそうではない

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 数年後、私は教職員組合の役員をしていた。 その時、ろう学校分会の府教委あての要求書が出されてきた。 両親ろうあ者の家庭…

哀しみの渦の中の 「ことばの宿題」

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 「被害者の哀しみを考えてくれ、アンタなら出来る。」 「やってくれ」 被害者からの告訴と 加害者への追求 被害者からの告訴…

烈火の如く怒られ 憎悪の眼差しとともに

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 聞こえる立場同士で話をしてとっちめて、証拠をつかんでくれ、という悲痛な気持ちでろうあ協会の役員から言われたことは解ら…

手話 を利用しての犯罪なのにまったく取り締まろうとしない警察に

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 家族がろうあ者だけれど 一人だけ聞こえる人が ある日の夜。 ろうあ協会の役員に呼ばれて、次のようなことを依頼された。 家…

暴力の中で 「ことば」 を教えられていたことが 大変革 されていた

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 1969年当時、ろう学校に用事があって行くときはいつも嫌だった。 仁和寺のバス停を降りて、仁和寺裏のろう学校に行く道すが…

Integration(統合)とろう教育の早期教育 ろう教育における9歳の壁の破綻 インテグレーション考

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 ろう教育の早期教育が叫ばれ、3歳、4歳、5歳児になると普通小学校に入学することいインテグレーション(Integration 統合)…

知恵遅れ があるから ことば を覚えることは無理なんです 教えても  インテグレーション考

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 知恵遅れがあるから ことばを覚えることは無理なんです ろうあセンターに相談に来たお母さんの話をろう学校幼稚部の先生にす…

今の ろうあ者 のようになるのは困る 特別なメソッドとスキル

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 今のろうあ者のように なるのは困るのです 私たちが驚いたのは、ろう学校幼稚部のお母さんのねがいが 「早期教育を受けて他…

耳だけが悪ければいいけどと……

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 ある日。聴覚障害児のお母さんが訪ねてきた。 他にも障害があるので幼稚部 入学が断られた 聞けば、 「ろう学校の幼稚部に入…

実母の言い残した言葉を 唯一のこころ のよりどころとして

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 警察はFさんは○○店へ行かないようにと考え、Fさんは○○店へ行くのは当然だ、と話は進展せず、時間はムダに過ぎ去る一方だった…

もの言えん人をつかまえたので

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 さて、再び京都ろうあセンターが出来た1969年に戻って考えてみる。 「もの言えん人をつかまえたのでたのんます」 突然今は無…

ろうあ者Cさんの教員採用問題は 見えないところで多くの人々を「救済する」道を拓き

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 障害者であることをはじめさまざま教員になることの 「弊害」とされていたことを 取り消し 改め直した いろいろあったけれど…

本道を忘れてはいけないということをあなたたちから「諭された」事件だった 公表はしていないが

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 退職したが、十数年前Cさんの教員採用問題の京都府教委の担当者だった人は次のように言った。 「ともかく時間稼ぎをして交渉…

自分のことを ろうあ者 全体の問題として言う傾向はよくあったこととして考えないと

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 あらためてCさんから学んだこと自分のことから全体の人の問題としてとらえる行動 なんでもかんでも聞こえないからと言って聞…

なんでもかんでも ろうあ者 は、と言っている人は ろうあ者 の「衣」を被って

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 Cさんの教員採用試験不合格問題の第三回目の京都府教委との交渉。 Cさんを一番理解し、聞こえない教師の不採用という問題に…

Cさんを一番応援するはずの ろう教師 や 手話 や 手話通訳 に熱心だと言われている教師の参加はなかったが

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 ろうあ協会の役員をしていた Cさんが二度にわたって受けた教員採用試験で面接まですすみ、不合格になった件での第二回目の…

ろうあ協会の Cさん 二度の教員採用試験で不合格への京都府教委交渉

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 過去の問題では決してない 教育委員会や行政の責任が数多く「隠蔽」 ろうあ協会の役員をしていた Cさんが二度にわたって受…

教員採用試験一次、二次、そして面接まですすんできたのに2度も不合格

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 月日が流れて私は教師になり。教職員組合の役員を一時期していた時のことである。 ある日、ろう学校のCさんが教員採用試験…

間違うことがダメ 手話通訳者としては失格

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 京都ろうあセンターから国鉄(現在のJR)で綾部まで行くと、時間だけでなく交通費も多くかかった。が、園部大橋と綾部大橋の…

~ ベオオハシと聞き違えた顛末と哀しみ

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 1969年当時は、京都ろうあセンターから京都府下に行くのは非常に時間がかかった。 国鉄(当時)より京都バスの方が安いので…

炉端で昔話が話され、それが引き継がれたように手話も 昭和 照る 南座 電気灯る

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 かって福岡県に行ったったときに昭和初期に生まれたろうあ者は、「私が生まれたのは(南座と同じ手話)6年で~」と話をしは…

学習権なくしては人間的発達はありえない 学習権宣言 (The Right to Learn)

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 学習権は人類の生存にとって 不可欠な道具 学習権宣言 (The Right to Learn) 1985年3月29日 第4回ユネスコ国際成人…

学習権宣言 (The Right to Learn) 日本では重視されて来たと言いがたいが

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 学習権宣言 (The Right to Learn) 1985年3月29日 第4回ユネスコ国際成人教育会議採択では、 学習権を承認するか否か…

いろいろなものを指びさして 身振り手振りで表現して 無限に広がる手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 いろいろなものを指びさして 「同じ」の手話が 「そうそう その通り」「そうだ」となると 未就学のろうあ者から、いろいろな…

「釜」+「釜に入れて」+火をつける⇒「炊く」

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 手話で話していて「?」となって 手話で話していて「?」となって手話による会話が途絶える時。 お互いに充分話をしていれば…

コレとアレ、ソレとコレと「無限に広がる」 「同じ」という手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 「同じ」という手話は、未就学のろうあ者に多くの手話やことば、文字を学んでいく上で重要な手話表現であり、手話の基本中の…

こころをつなぐ 「同じ」 という 手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 「同じ困っている」点からもう一度 「ろうあ者のCさんの話も、向かいの聞こえる奥さん話も、どちらの言っていることにも理解…