手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

生きる上でかかせない 通訳 下男 学生 大便 小便 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 通訳の通は、とおる、とおす、かよう、行き来する、知らせる、などなどの意味があり、右から左、左から右へと親指を行き来させ…

漢字の表意を手話に取り入れ 個人 手術 青年 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 個人。 二度。三度繰り返すと「個々人」「めいめい」などの意味の手話となる。 顔全体を人差し指で描いて、それぞれの表情の意…

つきない恋の物語 恋 どきどき 声を出す 事務長 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 声、話す、言う、騙して話す、など京都の手話には、さまざまな「聞く」・話すなどの手話がある。 この場合は、「声を出す」の手…

戦前の人々やろうあ者の受けた惨い仕打ちを胸に 兵隊 親類 乞食 刑事 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 兵隊の手話になると途端に厳しい表情になる。戦地に向かう兵隊を見ていた経験があるのだろうか。穏やかでない表情と菊の紋章の…

戦禍を生き抜いてきたからこそ1954年に論破した 「手話はろうあ者の母国語である」 を

{新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 涙目で語ってくれた 人間であり人間そのもので基本的人権が保障されている 「1954年手話冊子」は、1950年代も含むそれ以前の社会の中で ・ 生まれながら音声言語をきくことのな…

手話 「手話はろうあ者の母国語である」は錯誤 1954年 京都 の 手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 「1954年手話冊子」 第1章 (1)-8 生まれながら音声言語をきくことのない ろうあ者を 思惟や心性を この社会から切り離して考…

手話はろうあ者の母国語と国民や日本に住む集団のつながりを否定する1954年 京都 の 手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 誤解されやすい、二、三の点について記述 「1954年手話冊子」 第1章 (1)-7 僕らの考える手が、シンボル的表現として、抽象段…

サリヴァン女史が述べている合図や身振りをそのまま「手話」と考えることはまちがいである 手話とは何か 言語とは何か(その3 )ヘレン・ケラーからまなんだ1954年 

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 「1954年手話冊子」 第1章 (1)-6 更に、同じ日の出来事について、彼女の偉大なる教師でもあったサリバン先生は次のように述…

手話とは何か 言語とは何か(その2 ) を ヘレン・ケラーからまなんだ1954年に提起 京都 の 手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 「1954年手話冊子」 第1章 (1)-5 彼女(注 ヘレン・ケラー)は「私の生活」という自叙伝の中に、次のように述べている。 「…

手話とは何か 言語とは何か を1954年に提起 京都 の 手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 「1954年手話冊子」 第1章 (1)-4 1954年手話冊子は、手話の話における手話の順序と音声との相違と対比を明らかにして例示し…

手話の特徴簡略性 主人 けが 黒人 身体障害  京都 の 手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 最近手話について、よく二度繰り返す、三度繰り返す,などのことが断定して書かれている。 例えば京都という手話は、二度、繰り…

皮膚 月経 女中 兄弟 姉妹 哀しみのまなざし 京都 の 手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 皮膚は、手の甲をつまんで少し引っ張る手話をしている。皮膚が焼けた、などの場合に使われるが、この一つので「皮膚」を表す手…

警察 家来 手話を学ぶ側からの手話 京都 の 手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 京都では、明治時代に育ったろう者は、警官=腰のサーベルで手話表現していたが、ここでは帽子に付いた丸のマークで警官を現し…

口話法による教育と手話の発達 京都 の 手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 口話法による教育と手話の発達 「1954年手話冊子」 第1章 (1)-3 その後手話法に対して口話法による教育ー彼等は聞こえないだ…

主婦 家族 芸者 京都 の 手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 手話も時代を映す「鏡」であると言える。 そのため、以降、現在、ほとんど使われなくなった用語の手話なども掲載してゆきたい。…

幹部 あれこれとさばいて指名する 手話 

京都 の 手話 手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 会員とは、「集まる」「寄る」「バッチ」「(「会員章)で、会員とするのだが、これはろうあ協会の「会員」という…

お客さん この両手の使い分けの巧みさ 京都 の 手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 右手の平に拳の親指を立てる。 これでお客さんになる。 しかし、それを持ち上げることでそのお客が大切かどうか、を表現するし…

おじいさん おばあさん 京都 の 手話

手話 を知らない人も 手話 を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 男と女はすでに述べた通り、親指と小指で表現するが、肩、もしくは、肩より上で表現していることに注目して欲しい。 最近の手…

聽く と 聞く 京都 の 手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 「1954年手話冊子」より 第1章 手話の意味 (1)-2 しかも、ここに取り上げようとするのは、産まれながらに聽(以下聴)覚を奪…

母 姉 兄 弟 京都 の 手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 手話研究誌の掲載をしたとき、伊東雋祐先生は、母という手話を「血のつながった」「肉親の」という人差し指をほおにつけ、下に…

京都 の 手話 人類社会を有機的に結合する 手話 手話を知らない人も手話を学んでいる人もともに

{新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 1954年手話冊子に記録させている「あかちゃん」。 手のひらを拡げ両手を左右に小刻みに動かす。 ことばを発する前後の赤ちゃんの身振り・動作を表現している。 また、当時、赤ち…

「 京都 の 手話 」を紐解くまえに 手話を知らない人も手話を学んでいる人もともに

{新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 故明石欣造さんが、伝承を願った「京都の手話」を紐解いて紹介する前に、明石欣造さんのことを少し紹介しておきたい。 徹底した口話教室で 教えられた中で 戦前、ろう学校で「口…

京都 の 手話 貴君しかない 手話 を知らない人も 手話 を学んでいる人もともに

写真 道ーろうあ者運動を支えた人々(著者豆塚猛 発行全日本ろうあ連盟)より {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 1954年1月から7月にかけて京都で手話研究会(7人の人々が中心 ろうあ者5人 健聴者2人)が開かれ、…

京都 の 手話 手話を知らない人も手話を学んでいる人もともに学び共感し人間を謳歌するために

写真 道ーろうあ者運動を支えた人々(著者豆塚猛 発行全日本ろうあ連盟)より {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 1954年1月から7月にかけて京都で手話研究会(7人の人々が中心 ろうあ者5人 健聴者2人)が開かれ、…

先見の明 1952(昭和27)年 職業病というような言葉がなかったころ日本の国会が「職業病」との関係で調査・対策をしている

(国会議事録 資料と解説) 第118回国会 地方行政委員会 第4号1990( 平成二年)六月一日(金曜日)議事録より解説 手話通訳者の職業病及び労働災害認定について国会史上初めて全面的に取り上げられた。この時の議事録の内容を解説と共にみなさんと共に…

国会史上初めて手話通訳者の職業病・労働災害がとり上げられた

(国会議事録 資料と解説) 第118回国会 地方行政委員会 第4号1990( 平成二年)六月一日(金曜日)議事録より解説 手話通訳者の職業病及び労働災害認定について国会史上初めて全面的に取り上げられた。この時の議事録の内容を解説と共にみなさんと共に…

職業病が発生しないためにはどうすればいいのか

(国会議事録 資料と解説) 第118回国会 地方行政委員会 第4号1990( 平成二年)六月一日(金曜日)議事録より解説 手話通訳者の職業病及び労働災害認定について国会史上初めて全面的に取り上げられた。この時の議事録の内容を解説と共にみなさんと共に…

手話通訳 の職業病は 医学的な学術論文が先ではない 職業病が社会に発生をしてそれから 国会史上初めて手話通訳者の職業病・労働災害がとり上げられた

(国会議事録 資料と解説) 第118回国会 地方行政委員会 第4号1990( 平成二年)六月一日(金曜日)議事録より解説 手話通訳者の職業病及び労働災害認定について国会史上初めて全面的に取り上げられた。この時の議事録の内容を解説と共にみなさんと共に…

自治大臣 心の優しい人で、思いやりのある人がそういった手話なんかを覚えられる 相当重労働だということは認識いたします 国会史上初めて手話通訳者の職業病・労働災害がとり上げられた

(国会議事録 資料と解説) 第118回国会 地方行政委員会 第4号1990( 平成二年)六月一日(金曜日)議事録より解説 手話通訳者の職業病及び労働災害認定について国会史上初めて全面的に取り上げられた。この時の議事録の内容を解説と共にみなさんと共に…

あの仕事に従事していなかったならば、その災害は発生しなかったであろうわかりやすく言った 労働労災起因性 国会史上初めて 手話通訳者 の 職業病・労働災害 がとり上げられた

(国会議事録 資料と解説) 第118回国会 地方行政委員会 第4号1990( 平成二年)六月一日(金曜日)議事録より解説 手話通訳者の職業病及び労働災害認定について国会史上初めて全面的に取り上げられた。この時の議事録の内容を解説と共にみなさんと共に…

 滋賀県の手話通訳者の労災認定を労働基準監督署は今なお労災認定をしていないのはなぜか   国会史上初めて手話通訳者の職業病・労働災害がとり上げられた

(国会議事録 資料と解説) 第118回国会 地方行政委員会 第4号1990( 平成二年)六月一日(金曜日)議事録より解説 手話通訳者の職業病及び労働災害認定について国会史上初めて全面的に取り上げられた。この時の議事録の内容を解説と共にみなさんと共に…

手話通訳業務による 頸肩腕障害 を承知しながら労災認定しなくなったのは!! 国会史上初めて 手話通訳者 の 職業病・労働災害 がとり上げられた

(国会議事録 資料と解説) 第118回国会 地方行政委員会 第4号1990( 平成二年)六月一日(金曜日)議事録より解説 手話通訳者の職業病及び労働災害認定について国会史上初めて全面的に取り上げられた。この時の議事録の内容を解説と共にみなさんと共に…

手話通訳者 の健康は広範に及び深刻な実態になっている 自治省 労働省 厚生省 聞いていない

(国会議事録 資料と解説) 第118回国会 地方行政委員会 第4号1990( 平成二年)六月一日(金曜日)議事録より解説 手話通訳者の職業病及び労働災害認定について国会史上初めて全面的に取り上げられた。この時の議事録の内容を解説と共にみなさんと共に…

手話通訳 依頼の数は年間八百件前後で身体の不調が  国会史上初めて 手話通訳者 の 職業病・労働災害 がとり上げられた

(国会議事録 資料と解説) 第118回国会 地方行政委員会 第4号1990( 平成二年)六月一日(金曜日)議事録より解説 手話通訳者の職業病及び労働災害認定について国会史上初めて全面的に取り上げられた。この時の議事録の内容を解説と共にみなさんと共に…

国会史上初めて 手話通訳者 の職業病・労働災害がとり上げられた

(国会議事録 資料と解説) 第118回国会 地方行政委員会 第4号1990( 平成二年)六月一日(金曜日)議事録より解説 手話通訳者の職業病及び労働災害認定について国会史上初めて全面的に取り上げられた。この時の議事録の内容を解説と共にみなさんと共に…

手話通訳 の制度化 身分の位置づけ、その他を全部含んだ意味の制度化でと厚生大臣言明 国会史上初めて 手話 による質問

(国会議事録 資料と解説) 第094回国会 予算委員会 第3号1981(昭和56年2月13日(金曜日)議事録より解説 ろうあ者福祉、手話、手話通訳などなどのことが日本の地方議会で初めて取り上げられたのが福島。福島のろうあ協会や手話通訳者が国会議員と話し…

1981(昭和56年2月13日 国会史上初めて 手話 による質問 総理大臣 手話 がなければ私の質問も総理の答弁もわかりません

(国会議事録 資料と解説) 第094回国会 予算委員会 第3号1981(昭和56年2月13日(金曜日)議事録より解説 ろうあ者福祉、手話、手話通訳などなどのことが日本の地方議会で初めて取り上げられたのが福島。福島のろうあ協会や手話通訳者が国会議員と話し…

厚生省としては各省に呼びかけて、一つ一つ理解を深めて実行させていく努力をしなきゃいかぬだろう 国会史上初めて 手話 による質問

(国会議事録 資料と解説) 第084回国会 予算委員会第四分科会 第3号1978(昭和53)年3月31日(金曜日) 議事録より引用&解説 ろうあ者福祉、手話、手話通訳などなどのことが日本の地方議会で初めて取り上げられたのが福島。福島のろうあ協会や手話通訳…

遅くない時期に国で責任を持って常勤の 手話通訳者 を設置を 国会史上初めて 手話 による質問

(国会議事録 資料と解説) 第084回国会 予算委員会第四分科会 第3号1978(昭和53)年3月31日(金曜日) 議事録より引用&解説 ろうあ者福祉、手話、手話通訳などなどのことが日本の地方議会で初めて取り上げられたのが福島。福島のろうあ協会や手話通訳…

地方自治体がもっとすぐれた形で 手話通訳 事業が進んでいるのに 国会史上初めて 手話 による質問

(国会議事録 資料と解説) 第084回国会 予算委員会第四分科会 第3号1978(昭和53)年3月31日(金曜日) 議事録より引用&解説 ろうあ者福祉、手話、手話通訳などなどのことが日本の地方議会で初めて取り上げられたのが福島。福島のろうあ協会や手話通訳…

何ら恥ずかしいことをやってもいない それなのに 国会史上初めて 手話 による質問

(国会議事録 資料と解説) 第084回国会 予算委員会第四分科会 第3号1978(昭和53)年3月31日(金曜日) 議事録より引用&解説 ろうあ者福祉、手話、手話通訳などなどのことが日本の地方議会で初めて取り上げられたのが福島。福島のろうあ協会や手話通訳…

なぜ私たちは子供を産んではいけないの 国会史上初めて 手話 による質問

(国会議事録 資料と解説) 第084回国会 予算委員会第四分科会 第3号1978(昭和53)年3月31日(金曜日) 議事録より引用&解説 佐瀬駿介 ろうあ者福祉、手話、手話通訳などなどのことが日本の地方議会で初めて取り上げられたのが福島であること。 福島の…

下から見上げた人間模様をぜひみなさんのこころで

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

赤いバラの向こうの長崎湾へ 人間としての尊厳を何時までも実現していこうと

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

お互い理解するためには、会話が必要である それが、音声で成立しないとき 音声と手話で成立させようとする

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

ろうあ者 の人々の心からのねがいと要求を織り合わせる赤い糸

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

ろうあ者が被爆した記録を残すこと アカイと揶揄されれる

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

薄ぼんやりした記憶に今もはっきり残る山崎さんの手話がみえる

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

長崎の ろうあ者 と 手話通訳者 がヒューマニズムで箱一杯詰めた人類の共同財産

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

盗んだのではないという証明 手話通訳 「読み取り手話通訳」が難しい、と言う人へ

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…