読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手話と手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

手話通訳 の制度化 身分の位置づけ、その他を全部含んだ意味の制度化でと厚生大臣言明 国会史上初めて 手話 による質問

(国会議事録 資料と解説) 第094回国会 予算委員会 第3号1981(昭和56年2月13日(金曜日)議事録より解説 ろうあ者福祉、手話、手話通訳などなどのことが日本の地方議会で初めて取り上げられたのが福島。福島のろうあ協会や手話通訳者が国会議員と話し…

1981(昭和56年2月13日 国会史上初めて 手話 による質問 総理大臣 手話 がなければ私の質問も総理の答弁もわかりません

(国会議事録 資料と解説) 第094回国会 予算委員会 第3号1981(昭和56年2月13日(金曜日)議事録より解説 ろうあ者福祉、手話、手話通訳などなどのことが日本の地方議会で初めて取り上げられたのが福島。福島のろうあ協会や手話通訳者が国会議員と話し…

厚生省としては各省に呼びかけて、一つ一つ理解を深めて実行させていく努力をしなきゃいかぬだろう 国会史上初めて 手話 による質問

(国会議事録 資料と解説) 第084回国会 予算委員会第四分科会 第3号1978(昭和53)年3月31日(金曜日) 議事録より引用&解説 ろうあ者福祉、手話、手話通訳などなどのことが日本の地方議会で初めて取り上げられたのが福島。福島のろうあ協会や手話通訳…

遅くない時期に国で責任を持って常勤の 手話通訳者 を設置を 国会史上初めて 手話 による質問

(国会議事録 資料と解説) 第084回国会 予算委員会第四分科会 第3号1978(昭和53)年3月31日(金曜日) 議事録より引用&解説 ろうあ者福祉、手話、手話通訳などなどのことが日本の地方議会で初めて取り上げられたのが福島。福島のろうあ協会や手話通訳…

地方自治体がもっとすぐれた形で 手話通訳 事業が進んでいるのに 国会史上初めて 手話 による質問

(国会議事録 資料と解説) 第084回国会 予算委員会第四分科会 第3号1978(昭和53)年3月31日(金曜日) 議事録より引用&解説 ろうあ者福祉、手話、手話通訳などなどのことが日本の地方議会で初めて取り上げられたのが福島。福島のろうあ協会や手話通訳…

何ら恥ずかしいことをやってもいない それなのに 国会史上初めて 手話 による質問

(国会議事録 資料と解説) 第084回国会 予算委員会第四分科会 第3号1978(昭和53)年3月31日(金曜日) 議事録より引用&解説 ろうあ者福祉、手話、手話通訳などなどのことが日本の地方議会で初めて取り上げられたのが福島。福島のろうあ協会や手話通訳…

なぜ私たちは子供を産んではいけないの 国会史上初めて 手話 による質問

(国会議事録 資料と解説) 第084回国会 予算委員会第四分科会 第3号1978(昭和53)年3月31日(金曜日) 議事録より引用&解説 佐瀬駿介 ろうあ者福祉、手話、手話通訳などなどのことが日本の地方議会で初めて取り上げられたのが福島であること。 福島の…

下から見上げた人間模様をぜひみなさんのこころで

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

赤いバラの向こうの長崎湾へ 人間としての尊厳を何時までも実現していこうと

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

お互い理解するためには、会話が必要である それが、音声で成立しないとき 音声と手話で成立させようとする

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

ろうあ者 の人々の心からのねがいと要求を織り合わせる赤い糸

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

ろうあ者が被爆した記録を残すこと アカイと揶揄されれる

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

薄ぼんやりした記憶に今もはっきり残る山崎さんの手話がみえる

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

長崎の ろうあ者 と 手話通訳者 がヒューマニズムで箱一杯詰めた人類の共同財産

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

盗んだのではないという証明 手話通訳 「読み取り手話通訳」が難しい、と言う人へ

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

「読み取り手話通訳」が難しい、言う人への解答序説

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

自由、闊達に表現されていた 手話 規格化され型に押し込められた 手話

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

聞こえないという条件があるろうあ者同士 がお互いのコミュニケーションを図るために手話は創られてきた 聞こえる人のために創り出されたのではない

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

ろうあ者の被爆証言 現在から未来につづく決して忘れてはならない事実

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

ろうあ者 の被爆体験 過去の問題として考える恐ろしさ

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

一連の福祉制度の「改革」「改悪?」の突破口として 手話通訳士

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

手話通訳 の制度 厚生省の天下りと「偏向」

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

生きた 手話 が伝承されないわけ 二つ以上の「詭弁」

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

「爆風=被爆」の 手話 に凝縮された想い

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

ろうあ者の人々の苦しみ 哀しみ 喜び を記録できなかった財政状況

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

ろうあ者 の人々の証言を心底真剣に受け止め理解しているだろうか

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

陽の目を見なかったかも知れない  「原爆を見た聞こえない人々」

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

注視すればするほど細部にわたる微細な悲惨な情景

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

なすすべもなくひたすら歩く

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

聞こえない空襲警報 振動の度に恐怖心が増して

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

まざまざと思い知らされた長崎と広島での取り組みとの違い

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

時間は待ってくれなかった 被爆 状況の絵に色付けをする

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

被爆者手帳 自分が被爆した証拠 証人 手話通訳

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

ろうあ協会 の仲間との出会いは時間を超えた喜びの一時

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

手話 で表現出来るあらゆる手段を使って表現 絶望的の長崎市街地

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

ろうあ者 被爆 生活 88歳の証言

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

ひたすら兄への感謝を心に込め異臭が漂う長崎市内を流離う

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

叱らざるを得ない社会状況 兄さんが銭湯で叱ったのは 聞こえない 小野村さんへの心からの思いやりであったその時代

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

みんな戦地で死にものぐるいで頑張っているのに と怒鳴る理由

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

民間治療・民間信仰 手話を使うと竹のムチがふりを落とされたことから得たもの

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

差別 されてきた 聞こえないもの にとっては戦争が終わってよかった

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

絶望と破壊と恐怖の嵐の手話

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

ろう学校 のなかで強固に 手話を禁止 されてもそれでも営々と 手話 が生徒に伝承され続けてきた「抵抗」と「創造」

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

おもしろおかしく冗談を含めた 手話 で 授業 をした あの時

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

その時代に立ち帰って 障害者 の結婚を

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

あの世まで婚姻届を持っていってしまった親の気持ち

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

まだまだ言えないことがあまりにも多すぎるともとれる証言

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

闇を消そうとする薄暗い光の中の 手話 会話

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

急変ぶりと人々の姿を克明に証言

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

手話 は違いがある その手話の違いをことさら強調し対立するのではなく時間をかけてお互いの共通理解と共通する手話を認め合ってきた

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…