手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

丸山浩路 さんと わいろ の話 日本最初の手話通訳付きテレビ放映をはじめたテレビ静岡  わいろ 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー わいろ・賄賂。 わいろとは、自分の利益になるようと正当でない目的で金品を贈ることであるが、袖の下、ともされている。 すな…

鼻高高の意味から 得意 自慢 鼻高々 妙な へん 話の筋が通っていない 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 得意。自慢。鼻高々。 鼻高高の意味表現からきている得意、自慢の手話。 鼻をへし折る、はこの鼻高高の手話を手でつかんで取り…

古い習慣や技巧などを頑なに守らないで考え・発想を変えていく 趣味 反省 伝統 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 伝統。 この伝統の手話は別の項で紹介したが、今回は、二つの伝統の手話が紹介する。 下段の手話伝統は、男女の手話を上から下…

鎧袖の重なりもダブらせて視覚的イメージを表し 歴史 流れ 経過 漢字 活字 ひらがな 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 歴史。流れ。経過。 歴史ということばは、明治時代にhistoryの訳語としてつくられた漢字。 それまでは、「史」が主に使われた。…

極めて不自然な手指や腕の動きを要求される指文字 念のため 思いを胸に 心に留める もし たとえば 仮に 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 前回わいせつのところで触れたが、明石欣造さんは自分たちが平素使っている手話を余すところなく表現してくれ、撮影を許可して…

ろうあ者の人生が裏腹に表現されて ほれる 騙される ねたむ 猥褻 性交 同衾 交合 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー ほれる。騙される。 初めてこの手話を知った時に大変驚いた。 惚れると騙される、は同じ手話だと言うからである。 恋するという…

肖像画からとりいれた手話 できない 縛られて どうしようもない もったいない 損した 恥 名誉 誉れ 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー できない。 縛られて。 どうしようもない。 まさに手首が縛られた様子で。身動きとれないという手話。 解放される、の項を参照…

人差し指(話)が耳に入ってくるという手話 珍しい 有名 面倒 めんどくさい やっかい 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 珍しい。 珍しい、の手話は、普通とは違って「目新しい」、の意味を捉えて、眼・新しい、で目新しい=珍しいと手話表現している…

日本語の奥深い意味合いを巧みに取り入れて自分たちの手話表現を創りあげた しっかり 意志を固める 腹を固める 迷惑 未熟 まだまだ なんなんですか なぁーに!! どうして 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー しっかり。 意志を固める。 腹を固める。 すでに書いてきたが、こころ、気持ちなどは、腹で表されている。これは日本語では、腹…

悩んでいたことが吹っ切れた喜びの瞬間 厚かましい 明るい 明るくなった 先が見えた  熱い あつっ ほとんど 大体 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 厚かましい。 顔の面が厚い(親指と人差し指を閉じて頬につけ、開く。厚さを表現する。)で厚かましいの手話。 厚かましい=面…

ことばは身振りや手振りからうまれたので手話も同じ動作がある うまい おいしい まずい 忙しい ひまがない 危ない びっくり ショック 新しい さら いけない 駄目 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー うまい。 おいしい。 この「うまい」は、食べ物のうまい、おいしいの意味で「涎」などを拭く様子から生じた手話とされている。 …

目線を追う表情は手話では大切 下品 鋭い 鋭利 ずるい 鋭い 鋭利 危篤 死ぬ寸前 からっぽ 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 下品。 下品の手話は、仏教の浄土に往生する上中下の下位の往生から来ているのではないかと思える。 鼻を剥ぎ取るようにして手…

ろうあ者はまったく聞こえないと決めつけてはならない 当然 当たり前 遅い ゆっくり うるさい 騒音 女天下 おとなしい 物静か 気が弱い 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 当然。当たり前。(当=あたり 前・まへ ) 当然の当て字を手話に採り入れて、右の手の平を頭にあててから左の水平にした手のひ…

ろうあ協会運賃割引制度の実現へ 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 1948(昭和23)年4月 盲学校・聾学校小学部への義務制が学年進行により施行。 1949(昭和24)年5月 職業安定法の改正して身体障…

ろうあ協会の再建がなければ 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 戦後ろうあ協会の再建をするため大変な努力をしたことが述べられている。 このろうあ協会の再建がなければ、戦後の混乱期はもち…

全国のろうあ者が結束して交流しようという意気込み 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 1948年 5月10日 第1回全国ろうあ者大会が京都で開催された。 その時の想い出を明石欣造さんは語る。 戦後の混乱期。食べ物(戦…

大原省三さん 手話を非常に深く研究することに一生懸命になって 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 最初に述べておきたいのは、「右手に左手を開いて右手開いた手を閉じる手話」を伊東雋祐氏は、「癖」というように書いているし…

繋がりをもって連続的に表現されている手話のなかに 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 手話を撮った写真の次への写真の間にある動きは、とても大切なものであるが、右手と左手などの位置を知って次の写真を見てほし…

私は映画が大好き(好きで好きで)です 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 明石欣造さんからも同世代のろうあ者からも映画の話をよく聞いた、というか手話で話された。 それも手話を学ぶ上で大いに活かさ…

お金がなくなる すっからかん 避ける 逃げる 逃走 逃亡 適当に ~的 ピッタリ 合う 塩梅 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー お金がなくなる。 すっからかん。 右手でお金の手話をして、それが両平手ですりあわせることで、手元のお金がなくなったという…

手話で言いたい機微に触れる 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 次の写真を手話の語彙だけで羅列すると 新聞(最初の写真は京都などでの手話) 二つ ある(存在)一つ 東京(東) 広がった (…

扇動する あおり立てる 準備する 整える 整理する 手術する 証明する 認める 印をつく 辛抱する 堪える がまんする 示す この通り 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 準備する。整える。整理する。 散らかった物を「整え」おくこと動作と合わせて準備するの手話。 整える、整理するの意味もある…

印象と言うよりも感動 参加 参加する 入る 指導する よく喋る あちこちで喋る 叱る だめ めんめ 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 手話の表現の意味合いを調べれば調べるほど深く広い意味がある。 それを、断定的に書くのは簡単であるがそのことはろうあ者の創…

受け入れずはねつける 断る はねつける 倒れる ころぶ 殺す 腰かける 座る 答える 回答する 探す 探し回る 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 断る。はねつける。 手のひらに置いた物を跳ね飛ばす、取り除く動作の手話。 受け入れずはねつける、で断るとなるが、まったく…

右手と左手を微妙に上下させて話す けんかする 殴り合い ケンカ  検査する 検査 交渉する 掛け合う 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 手話の多くは、漢字に由来することが多いことを述べてきた。(齢などの歯+令) 漢字の表意、表音を巧みに表現の中で取り入れた…

表情は手話に生命を吹き込む 比べる 比較する 天秤にかける 組み立てる 組み合わす 崩れる 崩壊する 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 比べる。比較する。天秤にかける。 左右の手のひらを上下して天秤などの様子を表す手話。 右、左と顔を向けて見つめる。 組み立…

手話伝承、手話承と口承、口頭伝承、口伝 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 「見たこともない手話」などの意見へ この間、このブログで紹介している手話について、「見たこともない手話」などの意見が寄せ…

表情で忘れていたことの重大性の程度が現され 来る やって来た 気づく 思い出す 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 来る。やって来た。 人差し指を人に見立てて、自分に近づけることで「来る」の手話。 漢字の「来」の意味を表現している。 気づ…

漢字の競り合う意味を手話で 競争 争う 協同する 共同する 協力する 決める 決定する 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 競争。争う(競争する意味で) 競争する。 立てた親指を人に見立てて、それを前後することで、追いかけたり・追い抜いたり、ま…

「撫」の漢字の成り立ち・意味から  隠れる かくす しまう かわいがる 可愛い 大切にする 慈しむ 愛情注ぐ 愛する 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 隠れる。 この手話もいろいろある。 この場合は、顔を鋳物などで覆い隠す様子から「人に見られないように顔」を「隠す」という…

眼前から次第に小さくなって見えなくなって行く 帰る 書く かりる 借用 勝つ 代わる 交代 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 帰る。 人差し指と親指を開いて、少しずつ閉じながら指を遠ざける。 人の姿が、眼前から次第に小さくなって見えなくなって行く…

両手が自由に動くを表して解放 終わる 終わり 行き止まり 終点 解放する 解放される 解き放たれた 縛られなくなった 縛られる 縛る 試験 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 終わる。終わり。行き止まり。終点。 右手の手のひらを左手から寄せてそれ以上進めない、終わりの手話。 人生の「終わり」や電…

聞いて学ぶのではなく「見る」「眼に入れる」として手話 教わる 学ぶ お世辞 愛想よくする 追う 尾行 ついて回る 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 教える。 先生が、教育棒?を持って、これこれと黒板を指したり、教科書やさまざまな物を示した動作の手話。 人差し指は、棒で…

手話は一つの意味を表現するのではなく 写す 写し取る 取り込む 取り入れる 動く動作 お互いに話をする 対話 話し合い会話 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 写す。写し取る。取り込む。取り入れる。 写真で「写す」ことの手話。 昔は写真撮影は貴重で高価なものだった。 記念行事がある…

意味深長な手話が多い 必要 いばる 自慢する 天狗になる 切る こころ裏返す 寝返り 裏切り こころが(思いが)代わる 売る 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 必要。いる!!。 手で囲みをつくって自分のところに引き寄せる手話。 手で囲んだものは、自分にはとても大切で欠かせない意味…

遊ぶ 口げんか 言う 話す 争い 戦い行く いじめる 鼻くそ 投げる(相手に)付ける 行け 出ていけ 消え去れ いましめる だめ めんめ いたずら 頭を突く 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 遊ぶ(子どもの遊び) 子どもたちが、手を振って遊ぶ様子を表現した手話。 手首を交差させて、手のひらを広げて上下に動かす。 …

家 空っぽ 留守 こらえる 辛抱する こらえきれない しんぼうできない あきらめる 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 留守。家。空っぽ(いない)。 家 空っぽ(いない) で留守の手話。 空き家の手話ではない。 空き家は、人 からっぽ(いない) …

ちゃぶ台 テーブルテーブルクロス 葬式 死ぬ 担ぐ 棺桶  誕生日 誕生したのは? いつ生まれたの? 生まれる いつ 何月何日 何年のいつ 郵便 はがき 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 卓袱台。ちゃぶ台 食べる(たべるしぐさ)・丸い(親指と人差し指で円を暗示する)で卓袱台(ちゃぶだい)。 各家庭の必需品で…

仇討ち 相手 お互い めいめい 斬り合い 戦う 戦争 あきれた 頭を抱える 誤解食い違い 間違い 歩く 会う 出会う   京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 仇討ち。相手お互い・互いに・めいめい斬り合う・戦う戦争 仇討ち お互い・相手(に)・刀を交わすで、仇討ちと表現されている…

文字を通して 手話を通して 筆者のいいたいことの真意を汲み取る 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 「1954年手話冊子」第4章 1-2 文章と手話 生活を豊かに(人間生活のはじまり) ( 原文 ) 人間が動物学的に、1番近いとされて…

文章を手話で表現しようとする試みの教訓多 くのろうあ者が分かるようにあえて抽象的手話を避けて 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 「1954年手話冊子」では、いくつかの学術的な文章や文学作品を手話で表現するとどうなるのかということを手話の語彙の配列で記…

本質をとらえた多様な手話 うなぎ ねずみ やぎ 竹 松 虎 たこ たこ踊り 淡路 スイス 腕時計 イタリア ドイツ 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー うなぎ。 今は高値で、食べられないウナギ。昔は、店先でうなぎを選んでさばいてかば焼きにしてもらったという。 だから、うな…

広く取りいられていた身体表現と同じ 鳥 馬 鬣 おうむ とり 牛 かに あひる 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 馬。 この馬の表現は、手のひらを拡げて目尻の少し後ろにの甲をあてて手の甲を付けたまま手の平を後ろに回す。 馬の鬣(たてが…

格子 管 犬 イカ スルメ 櫻 石 固い いのしし 魚 桜  猿 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 格子。 横と縦に組合せられた木組みで格子を現す。 京都の民家では、どこででも観ることが出来た格子。ガラスなどがなかった時…

箱 それ なにか 黒 沢(沢山) 監督 創る 制作 製造 七 人 侍(チャンバラ・刀を合わせ合う) 非常に 良い いい蚊 蚊をペシャンと 断る 防ぐ 予防する 退ける 長方形 蚊帳 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 箱。 上蓋と下蓋を合わせて表現しているので、比較的小さな箱。弁当箱(竹や籐などで編まれた)のようなもをであろう。 曲げた…

手話でわかるろうあ者の生きた時代 ラジオ ラジオ受信機 レコード 蓄音器 染め物 そめる 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー ラジオ。ラジオ受信機 聞きたいがために憧れるラジオ。 ラッパ状のスピーカーから流れる音声を聞こえる人に必死に聞いたと言う…

やかん 急須 お茶 ボタン ろうそく 織物 織る 京都 の 手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー やかん。急須・お茶 やかんというよりこの場合は、急須という手話として表現されているように思える。 ともかくお茶を飲む意味…

部屋 間取り はかり ばね秤 袋 膨らませる ふた・蓋 畳 京都 の 手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 部屋。 両手で部屋の四方を表現する手話。 この両手の広がりで部屋の大きさを表現した。 ろうあ者は、間借りすることが断られて…

着物 着物を着る 戸 戸を開ける 締める 閉ざす 開く ズボン ズボンをはく  会計 計算 計算をする 算盤をはじく 下駄 京都 の 手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 着物。 着物を着る 着物の前合わせ、によって最後の写真の手の位置が異なってくる。左合わせ、右合わせ、などの表現であるが着…

キッス・キス 鏡 靴 時計 時間 場合 時々 京都 の 手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー キッス。 接吻という手話ではない。 キッス(Kissキス)は、戦後、外国映画で多くのろうあ者が目にして語り継がれた。 映画を見…