手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

どの手話が良いとか 悪いとかではなくどんな方法でもろうあ者に通じたら 第7回全国手話通訳者会議1974年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 第7回全国手話通訳者会議 第3分科会「手話技術の諸問題」 テレビ番組における通訳技術の諸問題 神奈川では, テレビ番組での…

昔からの手話であるかのように信じこまされれ 第7回全国手話通訳者会議1974年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 7年間にわたる手話通訳者会議を再考察してみると、手話はこうでなければならない、正しい手話こうだ、手話が違うので困るな…

ろうあ者 と 手話通訳者 にはもつと人間的なつながりが 7回全国手話通訳者会議1974年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 第7回全国手話通訳者会議 第3分科会「手話技術の諸問題」 4. ろう教育と手話技術について ろうあ者にもレべルが 教育背景が…

数字はわかっても 年月日と期限が解らないろうあ者に 第7回全国手話通訳者会議1974年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 第7回全国手話通訳者会議 第3分科会 「手話技術の諸問題」 ろうあ者は集団の中に入つていきたくても 入つていけない交通機関…

ろう学校 に行けなかったろうあ者 があまりにも多いその人々への働きかけ 第7回全国手話通訳者会議1974年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 第7回全国手話通訳者会議 第3分科会 「手話技術の諸問題」 学校に行けなかったろうあ者が500人も 3. 未教育のろうあ者に対す…

手話に必要なのか  っ、などの つまる音・促音 第7回全国手話通訳者会議1974年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 栃木からの 同時的手指法」(同時法)は、手話では、っ、などのつまる音・促音(そくおん)が表現されないのでそれを手話で…

理解しがたい対立 手話と音声との対比を考え記号的特性にする提起  第7回全国手話通訳者会議1974年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 第7回全国手話通訳者会議 第3分科会 「手話技術の諸問題」 1. 問題提起 栃木の場合 手話と音声との対比を中心にして記号的特…

「伝統的手話」か「同時法⇒同時的手指法」か などをめぐる論議  第7回全国手話通訳者会議1974年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 手話技術の問題では、栃木ろう学校で実践されていた「同時法⇒同時的手指法と言い換えられる」と栃木ろう学校で言われている…

ろうあ者の要求にみあつた教育の要望 いわゆる手話と口話 第7回全国手話通訳者会議1974年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 全国手話通訳者会議や手話通訳者の会議では、ろう学校における手話と口話の問題が話題になった。 手話通訳者会議にはろう学…

手話通訳者はたんに通訳をするだけでなく 第7回全国手話通訳者会議1974年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 公的手話通訳保障や公的手話通訳者の役割が空想から現実になってきた1974年の第7回全国手話通訳者会議は、紆余曲折するので…

手話通訳保障 空想と現実の中  第7回全国手話通訳者会議1974年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 2. 公的保障とは 「公的保障とは何か」ということにっいて各県の現状説明や問題提起と関連しながら討論されたが, 結論を出す…

手話通訳や役所内だけなどの拘束の横行 第7回全国手話通訳者会議1974年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 手話通訳職員が 手話通訳させてもらえない 北海道旭川では, 職員と して採用されているが, 業務内容はほとんどが一般事務で,…

ふたつの流れ 手話通訳派遣と手話通訳の行政配置 第7回全国手話通訳者会議1974年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 手話通訳の公的保障をめぐって東京都の手話通訳派遺と行政への手話通訳配置の大きく言って二つの流れが形成される。 東京都…

手話通訳の公的保障とは 東京都手話通訳派遺協会を結成 第7回全国手話通訳者会議1974年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 第7回全国手話通訳者会議 第1分科会 手話通訳の実践について ろうあ者の職業問題についての通訳 まとめ ことばを伝える事と …

手話通訳者は中立という意味はっきりわからない 第7回全国手話通訳者会議1974年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 判断するのはろうあ者 会社の言う通り通訳した方が良い。 ☆ きびしい状態におかれていることをわからせる必要がある。 判断…

手話通訳者がろうあ者を解雇する説得を とせまる会社 第7回全国手話通訳者会議1974年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 45年前の第7回全国手話通訳者会議では、現在の手話や手話通訳をめぐる様々な問題とその解決や考えが話し合われている。 この…

個人演説会 政党の演説会の手話通訳は 第7回全国手話通訳者会議1974年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 第7回全国手話通訳者会議 第1分科会 手話通訳の実践について 4. 通訳者のあり方について (1) 個人演説会の通訳の依頼があっ…

一時ストップ =一時間ストップ 文の意味がわからないろうあ者に 第7回全国手話通訳者会議1974年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 第7回全国手話通訳者会議 第1分科会 手話通訳の実践について まとめ ~してはならない ~しなくてはならない 意味が理解出来な…

ろうあ者の自動車免許の獲得の広がりと課題 第7回全国手話通訳者会議1974年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 第7回全国手話通訳者会議 第1分科会 手話通訳の実践について 歌を手話にかえて 歌 青 森 市民集会で歌を手話にかえてやった…

映画と字幕と劇の手話通訳 想像を絶する苦労 第7回全国手話通訳者会議1974年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 第7回全国手話通訳者会議 第1分科会 手話通訳の実践について 2. ろうあ者の文化保障について (1) ろうあ者にも, もっと広域…

研究会としての性格を充実させ続けているだろうか 全国手話通訳問題研究会 第7回全国手話通訳者会議1974年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 多くの方からご意見をいただいた。その中で少し食い違いがあるので説明しておく。 全日本ろうあ連盟は行動と運動をする団体 …

日本最初テレビ放映の手話通訳 第7回全国手話通訳者会議1974年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 国民の生活危機に対して障害者の固い団結 第7回全国手話通訳者会議 第7回全国会議の課題 今第7回会議では, 通訳会議そのもの…

手話通訳の積み上げられた歴史的検討は現在と未来へつづく 第7回全国手話通訳者会議1974年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 全国の手話サークルと手話通訳者の全国組織という考えも出されたが、それぞれの都道府県での「諍い」もあり、共同歩調がとれ…

全国手話サークル連絡会という全国組織をつくればいいのでは 第7回全国手話通訳者会議1974年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 報酬を受けることが 手話通訳をしている、したと「錯誤」 全国手話通訳問題研究会結成について、第1番目の問題として、手話…

成熟していたとは言えない全国手話通訳問題研究会結成 第7回全国手話通訳者会議1974年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 第7回全国手話通訳者会議では、それまでの全国手話通訳者会議を継承して、個人が会員として入会する全国手話通訳問題研究会…

全国組織一全国手話通訳問題研究会を結成されたが!? 第7回全国手話通訳者会議1974年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 1970年代に入って少なくない手話通訳者が地方自治体・役所に非正規・嘱託・非正規という条件で配置された。 行政の厚い…

どこでもいっでも適切な手話通訳援助を受けられるよう 第7回全国手話通訳者会議1974年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 第7回 全国手話通訳会議基調報告 地方自治体では, とぼしい財源の中で ①手話のできる自治体職員として採用, ②自治体の嘱託員…

手話奉仕員 養成事業の弱点を補い広まるろうあ者問題 第7回全国手話通訳者会議1974年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 「ろうあ者のためにお助けしましょう。」 「ろうあ者と共に手話を学び、 共に手話通訳を公的に保障させよう。」へ 第7回 全…

ろうあ者の生活と権利を守る手話通訳とは 第7回全国手話通訳者会議1974年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 第7回 全国手話通訳会議基調報告 一人一人のろうあ者の力量が強まることは、それだけろうあ者の要求が一般健聴者の社会にぶ…

ろうあ者の運転免許要求 新たな段階 第7回全国手話通訳者会議1974年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 聴覚障害者の運転免許は、危険として非常に制限されていた時代。裁判にまで発展したが、各都道府県公安委員会は、ろうあ協会…