手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

2014-11-28から1日間の記事一覧

コミュニケーション方法に「レジスト」 自分たち同士のコミュニケーションを成立させたのが手話

1960年代後半から1970年代にかけて京都で研究された手話通訳の手練(スキル)の特徴は、 それぞれの地域の暮らしに根ざしていた手話を学び 理解する ① どこまでもろうあ者が表現している手話や使われている手話で表現する。 そのため日常的にさまざ…

聞き取り通訳は形ができたが、読み取り通訳は空間活用までしかわかっていないは机上の空論

ろうあ者の協力を得て、それぞれの会話やコミュニケーションが成立するように絶えず研究・研修された。 ここには、1960年代後半から1970年代以降全国の手話通訳者の一部でよく言われた「逆通訳=ろうあ者の手話で語ることを通訳すること」や「聞き取…