手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

2014-12-27から1日間の記事一覧

厚生省が「委託」形式をとりながら、内実は厚生省の意図する福祉全般の「改革」を打ち出す

手話通訳制度調査検討委員会報告書(1985年5月20日) の問題点とその後の手話通訳制度に与えた影響 (8) 第5の問題点は、厚生省が全日本ろうあ連盟に「委託」した検討の中心に関係行政機関として、元厚生省の役人が参画していることがあげられる。 検討を…

手話通訳者 が委員として選ばれなかった手話通訳制度調査検討委員会

手話通訳制度調査検討委員会報告書(1985年5月20日) の問題点とその後の手話通訳制度に与えた影響 (7) 手話通訳制度調査検討委員会の構成及び検討委員の問題点 手話通訳制度調査検討委員会は、国会で手話通訳の問題が取り上げられ、それを受けた厚生省(…

ろうあ者によるろうあ者のための手話ではなく 政府の枠内での手話として足枷

手話通訳制度調査検討委員会報告書(1985年5月20日) の問題点とその後の手話通訳制度に与えた影響 (6) 政府が国会答弁で、手話の数が少ないから健常者が使用している3万語程度にしなければならないかのように示唆したこと。 その背景は、政府・厚生省に…