手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

2017-06-15から1日間の記事一覧

お客さん この両手の使い分けの巧みさ 京都 の 手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 右手の平に拳の親指を立てる。 これでお客さんになる。 しかし、それを持ち上げることでそのお客が大切かどうか、を表現するし…