手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

2017-07-23から1日間の記事一覧

仇討ち 相手 お互い めいめい 斬り合い 戦う 戦争 あきれた 頭を抱える 誤解食い違い 間違い 歩く 会う 出会う   京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 仇討ち。相手お互い・互いに・めいめい斬り合う・戦う戦争 仇討ち お互い・相手(に)・刀を交わすで、仇討ちと表現されている…

文字を通して 手話を通して 筆者のいいたいことの真意を汲み取る 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 「1954年手話冊子」第4章 1-2 文章と手話 生活を豊かに(人間生活のはじまり) ( 原文 ) 人間が動物学的に、1番近いとされて…

文章を手話で表現しようとする試みの教訓多 くのろうあ者が分かるようにあえて抽象的手話を避けて 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 「1954年手話冊子」では、いくつかの学術的な文章や文学作品を手話で表現するとどうなるのかということを手話の語彙の配列で記…