手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

2017-08-15から1日間の記事一覧

丸山浩路 さんと わいろ の話 日本最初の手話通訳付きテレビ放映をはじめたテレビ静岡  わいろ 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー わいろ・賄賂。 わいろとは、自分の利益になるようと正当でない目的で金品を贈ることであるが、袖の下、ともされている。 すな…

鼻高高の意味から 得意 自慢 鼻高々 妙な へん 話の筋が通っていない 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 得意。自慢。鼻高々。 鼻高高の意味表現からきている得意、自慢の手話。 鼻をへし折る、はこの鼻高高の手話を手でつかんで取り…