手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

2017-08-26から1日間の記事一覧

さまざまな色彩関係の仕事に就いていたろうあ者が多かったため色の手話表現は多彩 緑 青くなる 黒 白 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 緑。 この緑の手話などを手話通訳問題研究誌に掲載した時に、伊東雋祐先生の解説には基本的誤りがあったが、訂正しないまま掲載…