手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

2017-12-25から1日間の記事一覧

「釜」+「釜に入れて」+火をつける⇒「炊く」

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 手話で話していて「?」となって 手話で話していて「?」となって手話による会話が途絶える時。 お互いに充分話をしていれば…

コレとアレ、ソレとコレと「無限に広がる」 「同じ」という手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 「同じ」という手話は、未就学のろうあ者に多くの手話やことば、文字を学んでいく上で重要な手話表現であり、手話の基本中の…