手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

2018-01-19から1日間の記事一覧

聞こえない 家族 の中で育ったから 聞こえない人 のことを理解している思い込んでいるが決してそうではない

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 数年後、私は教職員組合の役員をしていた。 その時、ろう学校分会の府教委あての要求書が出されてきた。 両親ろうあ者の家庭…

哀しみの渦の中の 「ことばの宿題」

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 「被害者の哀しみを考えてくれ、アンタなら出来る。」 「やってくれ」 被害者からの告訴と 加害者への追求 被害者からの告訴…

烈火の如く怒られ 憎悪の眼差しとともに

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 聞こえる立場同士で話をしてとっちめて、証拠をつかんでくれ、という悲痛な気持ちでろうあ協会の役員から言われたことは解ら…

手話 を利用しての犯罪なのにまったく取り締まろうとしない警察に

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 家族がろうあ者だけれど 一人だけ聞こえる人が ある日の夜。 ろうあ協会の役員に呼ばれて、次のようなことを依頼された。 家…