手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

2018-01-20から1日間の記事一覧

金糸、銀糸に彩られた薄暗いIさんの家で

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 歯科医の帰り道。 二人で転げ回って笑い続けて、「お尻」「パー」を繰り返した。 歯科医がなんと解りやすく説明をしてくれた…

お尻に握り拳を当てて手を「パー」にした歯科医と伝統産業に携わるIさんとの出会い

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 ある日のこと。歯科治療中に隣から強い目線を感じて、ふとみるとIさんが居た。 彼は先に治療が終わったが待合室で待っていて…

京都伝統工芸数十年の技ではなく ろうあ者 の技だろう

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 京都に住んでいていいですねぇ、としばしば言われる。 その「いい」ものの中に京都の伝統工芸などをあげられる人と出会うと…