手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

2018-01-21から1日間の記事一覧

Iさん夫婦の戦争体験から知る いらん、いらん 今がいいの意味

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 Iさんは、夫婦で一緒に戦争体験の話をしたいと言う。 二人そろって撮影が始まった。 もとても裕福な家庭で育ったIさん Iさん…

Iさんの戦争体験の証言をしてもらときに

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 自分たちが織ったものが永遠に自分たちのところに来ることはない、とは悲しいぁ、と考えるのにIさん夫婦は手を振って「いら…

自分たちが織った帯が永遠に自分たちのところに来ることはないが 今がいい

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 Iさん夫婦が丹精を尽くして創った着物の帯。 どんな人がこの帯を締めるのだろうか、と思うほどのまばゆい帯。 Iさん夫婦の織…