手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

2018-01-22から1日間の記事一覧

聞こえないもの同士では話せて生きていけることが一番の幸せ

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 身分が違うと大反対を押し切って 駆け落ちして京都に 丹後小町で知れ渡っていたIさんの奥さんのところには、数知れないほど…

大雪が降ろうと全然気にせず通い詰めた結果 丹後小町と再会

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 「全然、知らなかった。」 「でも、聞こえなくて寂しい思いをしていたとき、聞こえない人と出会えてうれしかった。」 と言っ…

「探す」と言う手話を次第に大きく(広げて)

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 いつのことかも知らなかったわ ただ歩いていただけ すれ違っただけで、この女性は聞こえない、と思ったIさん。 奥さんに聞く…

すれ違ったとき 「あっ、この人は聞こえない人だ」

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 遠い尋常小学校に入学したわけ Iさんの奥さんは貧困生活の中でも小学校に入ることが出来た。本来なら戦前の岩滝町立岩滝尋常…