手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

2018-01-27から1日間の記事一覧

静かなる美 京傘に籠められた哀しみ

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 Dさんたちにとって転居するにしても金が必要だがまったくない。 そこで、今までDさんは何度も「このまま住まわせてもらえな…

ろう学校を卒業して三十数年以上給料はそのまま 京傘職人として働き 生きてきた

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 ある日。50歳頃の年頃の聴覚障害者Dさんが相談員の大矢さんを訪ねてきた。 「家の立ち退き」を迫られてどうしたらいいのか…

手話 ハイスピードカメラなどと同じような眼で観ていた証明

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 「アインシュタインの眼」の放映で、カイコ(蚕)が糸をはきながら繭を作る様子をコマ撮りカメラ、軟性内視鏡レンズ、ハイス…