手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

2018-01-29から1日間の記事一覧

悲劇に悲劇を束ねる ろうあ者には「手に職」を持つことが大切の考え

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 Dさん夫婦に対して京傘屋の親方の態度やろうあ者に対する「誰のおかげで、おまえのような奴を雇ってやったと思うのだ。」「…