手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

2018-02-03から1日間の記事一覧

お前らどうにでもできるぞ などの凄み脅かしにめげずにと

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 ろう学校の先生も一緒に行くという連絡を受け二人で加害者の家を訪ねることになった。 主人は帰らないので もう一度出直して…

「字が読めない、書けないので……」とすまなそうに言うお母さんに

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 E君の加害者は、バイクは無保険。自賠責の保険が有効期間が過ぎても保険料を支払っていなかった。 莫大な入院治療費が 貧困…

困りはてていたお母さんと 「人間の復権の道」

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 戦後の憲法は、ろうあ者の生活に生かされていなかった。 そのためろうあ者は、多くの仲間と集い、憲法学習を重ねたがそれは…