手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

2018-03-09から1日間の記事一覧

宇治市手話言語条例 聞こえない子どもがいることがわかると大反対していた親が

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 講演している先生の趣旨の 基本を押さえて 手話通訳をしながらその様子を見ていると見ていると、講演の内容はすべてではない…

宇治市手話言語条例 手話も分からないろうあ者に講演内容を「絶妙に伝える」ための方法 が花咲く

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 1969年頃にろうあ者成人講座に行くと、あの人も、この人も、向こうのあの人も、いろいろな働きかけの中で参加するように…

宇治市手話言語条例 農業をする仕草を共にしながら未就学のろうあ者とコミュニケーション

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 印刷案内をすべてのろうあ者のもとに届ける行動。 自転車のライトの灯りではすすめない漆黒の闇。 その上、聴覚障害があると…

宇治市手話言語条例 うれしかったろうあ者成人講座の案内をすべてのろうあ者のもとに

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 ろうあ者成人講座で悲しい話をしているのに笑顔と笑いだけが残るとは、理解しがたいことだろう。 この悲しい話は、参加して…