手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

2018-06-10から1日間の記事一覧

手話で伝えること出来なければなければ「身振り」「しぐさ」やジェスチャーなどあらゆる方法で 京都ろうあセンター はなぜつくられたのか ④

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 学ぶことで助け合うことは 全く知らない人々に 受験戦争とも言われた時代。一人でも多くの人を蹴落とし自分が這い上がる、這…

京都ろうあセンター はなぜつくられたのか③ すべての道はろうあ協会の「つどい」に

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 ろうあ者も「つどう」。 ここにろうあ者の生活や要求や運動などあらゆる源泉があると知りつつあった。 今では考えられない苦…