手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

2018-06-12から1日間の記事一覧

ろうあ者の読み書き出来るようになりたいと「筆談教室」 京都ろうあセンター はなぜつくられたのか ⑥

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 ろうあ者の多くの人々が 「読み書き出来る」 ようになりたいとねがっていた 「あの人はかしこいろうあ者」と言うろうあ者の…

手話通訳が違う手話をしたんだろう 本人がうなづいているのに 京都ろうあセンター はなぜつくられたのか ⑤

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 ろうあ者の人が、「うなずく」ことは、「理解した」「了解」「解った」ということでないという教えは、その通りだった。 だ…