手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

2018-07-14から1日間の記事一覧

手話のできるろう学校教師は手話と教育を理解していたのだろうか 第一回全国手話通訳者会議の考察

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介 手話のできるろう学校教師は 手話と教育を理解していたのだろうか 伊東雋祐氏の第一回手話通訳者会議での発言と問題はすでに…

手話の必要性を説くろう学校長と必要性を感じないとする教師の差違 第一回全国手話通訳者会議の考察

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介 1968(昭和43)年の段階でも福島県立福島ろう学校長は手話の必要性を認め、教職員のが手話を学ぶ機会をつくろうと言っている…

第一回全国手話通訳者会議 -1968(昭和43)年、6月2日- の考察

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介 1968(昭和43)年、6月2日。 全国ろうあ者大会とともに福島市・福島市民センターで、第一回全国手話通訳者会議が開かれ、それ…

苦しくもあり哀しくもあったが人間性で満ち溢れていた 京都ろうあセンターはなぜつくられたの⑳

http://sakukorox.hatenablog.com/entry/2017/12/08/211007 手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介 京都ろうあセンターは、多くの人々によって支えられ、それが基礎…