手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

2018-07-19から1日間の記事一覧

貞広邦彦 氏は厚生省職員として 手話や手話通訳が 一瞥だにされなかった時代手話と手話通訳を広めた 第一回全国手話通訳者会議考察

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介 貞広邦彦氏は、1961年に厚生省の要請で厚生省職員として国立聴力言語障害センターで働くことになる。 このことはとても大切な…

ろう学校 の生徒や ろうあ者 の「幸せ」「生活」などを自分たちの尺度で形成した枠組みの中に押し込めようとする 第一回全国手話通訳者会議考察

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介 第一回全国手話通訳者会議で東京のろう学校の大久保襄氏は、手話や手話通訳、さらにろうあ者問題やろう教育について「消極性…