手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

2018-08-06から1日間の記事一覧

瘖唖(いんあ)者罪ヲ犯シタル時 への歴史的反論 松本昌行弁護士 第2回全国手話通訳者会議および通訳者研修会 1969年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 ろうあ者と裁判と手話通訳について 野沢 ろうあ者の裁判の弁護通訳について 福島 あまり学校に行つていない、田舎の山奥の人…

ろう学校 教員免許等をめぐる諸問題 第2回全国手話通訳者会議および通訳者研修会 1969年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 教育(学芸)大学 ろう学校教員養成課程における手話と問題 福島 大阪の関西ビューロ--40名を会員として、3月3日より、火、…

社会の中のろうあ者問題を考える 手話 サークルの増加 第2回全国手話通訳者会議および通訳者研修会 1969年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 患者とのコミュニケーション問題から 生まれた手話サークルが 向野 日赤の看護婦(高校生)さんが、患者にろう者がおりわから…

「奉仕か」「人権を守るか」 手話通訳や手話サークルのあり方として 第2回全国手話通訳者会議および通訳者研修会 1969年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 第2回全国手話通訳者会議 日本各地の状況 1969年 手話を学ぶのではなくろうあ者の人格や人権を 守ることを基本として考…

丸山浩路氏の想いと独特な構想の形成期 第2回全国手話通訳者会議および通訳者研修会1969年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 公務員への手話講習会と指文字などは? 丸山(浩路) 更生指導所勤務 各福祉事務所において、手話講習会を開催したが講習を…

ろうあ者大会などで各地域で手話を学ぶ人々の機会がつくられて 第2回全国手話通訳者会議および通訳者研修会 1969年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 以下伊東雋祐氏はもちろん京都のメンバーが発言している内容のほとんどが手話サークルみみづく会手話通訳団会議で論議され、…