手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

2018-09-27から1日間の記事一覧

プロの手話通訳と現実を見据える手話通訳 第4回全国手話通訳者会議1971年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 お金をもらったのだから プロであり通訳者の自覚を公的な立場(中立)でお金は国が出すように 司会丸山、佐瀬両氏の違いの補足…

専任手話通訳は どんな人であるか  どんな人であってほしいか  主体であるろう者を理解しているのかでないと 第4回全国手話通訳者会議1971年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 専任福祉司への手話通訳養成 福島(大阪) 民生局にろう者の通訳として採用、主体は厚生係として、交渉する時便利なので特別採…

専従手話通訳 プロ手話通訳 専任通訳者 の違いと共通点 第4回全国手話通訳者会議1971年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 丸山浩路氏(当時神奈川)の手話通訳のプロ(professional)、ギャラ(guaranteel)にたじろぐ手話通訳者がいたが、専従手話…

口話 が堪能であり 口話法の成功例 と思い込ませる歴史の歪曲 第4回全国手話通訳者会議1971年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 言葉のない人はけものであると 司会 ろう者のためでなく、健聴者とろう者をつなぐ橋で健聴者のためということもよい。 田上(…

ボランティアとして安易な考えではいけない 第4回全国手話通訳者会議1971年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 手話通訳を制限する行政 手話通訳の制限を振り払う努力 村田(滋賀) 行政機関におかれている場合、みじかなことの通訳もする…