読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手話と手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

手話がろう学校 で使われたら 教え合い、学び合い真理を探求する教育展望は見いだせるのか 佐々木さんからの提起

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

哀しみの事実 原爆投下の地点に穴が開いていたのに

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

きのこ雲を三段階に色づけして表現する 極限のショックを受けてつつも冷静な眼差しを失わなかった

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

ろうあ者だからその恐怖は瞬時とともに過去の映像と重なり合ってじんわりとした恐怖がヒタヒタと押し寄せる

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

過去の聞こえない人々の歴史と苦悩の日々の生活をも消し去る手話であってはならない

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

もとめられている 闇から明るさへと転換する人間の尊厳の教育

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

暗闇から明るさへと 私のこころ

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

「平和がだいすき」「原爆大嫌い」とひらがなと漢字の巧みな使い分け

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

手話 はろうあ者の人生を投影して表現される

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

松井さん80歳 「阿修羅」のような顔と全幅の信頼を置いた姿と心からの安堵の顔

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

手話通訳  運命そのものを好転させる重要なポイント 

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

生涯を支え合う聞こえない仲間集団との出会い 学んだという一言でだけではすまされない

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

ろう学校での学習が十分保障されなかった 原爆投下・被爆ということすら知らずに拭えない重い暗さを投影

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望…

あまりにも残酷 長崎の 聞こえない人々 が原爆投下後50年前後で知る

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)を再録・編集して公表してほしいとの要望に応えて。 漆黒の…

死のうと畑に横になって見上げた空 爆弾は降り注がなかった

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)を再録・編集して公表してほしいとの要望に応えて。 なにも…

手話表現の極致 震えを遙かに通り越して感覚や感情も失われた地獄

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)を再録・編集して公表してほしいとの要望に応えて。 苦悩を…

山崎栄子さん 長崎平和祈念式典 手話を学ぶ人々は、一過性、その時、その時だけで過ぎ去る考えで終始していいのだろうか

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)を再録・編集して公表してほしいとの要望に応えて。 被爆者…

癒されることがない 「叫び」が今も聞こえる

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)を再録・編集して公表してほしいとの要望に応えて。 「事実…

原爆投下 人まで燃えさかる街に飛び込んで ろう学校 に行く

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)を再録・編集して公表してほしいとの要望に応えて。 赤レン…

侮辱と軽蔑を受けながらも断固として子の耳が聞こえないことを言い通した気迫

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)を再録・編集して公表してほしいとの要望に応えて。 耳が聞…

殴られ続け それでもまだ殴られて終る 徴兵検査

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)を再録・編集して公表してほしいとの要望に応えて。 耳が聞…

赤レンガのわずかな隙間から次々とのびる捕虜の手 戦時下でも人間平等の炎を燃やし続けた どんなに迫害されても 

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)を再録・編集して公表してほしいとの要望に応えて。 伸びる…

加害者と被害者 その感情を乗り越えた 手話 で発せられた人間としての結びつきを胸に

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)を再録・編集して公表してほしいとの要望に応えて。 中枢神…

巧みな手話表現を駆使する 優しさに満ちた手話

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)を再録・編集して公表してほしいとの要望に応えて。 手話を…

紅蓮の炎を突き破って 妻と息子の安否を

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)を再録・編集して公表してほしいとの要望に応えて。 菊池さ…

原爆炸裂 下にいたろうあ者が見た視点

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)を再録・編集して公表してほしいとの要望に応えて。 被爆し…

「情景そのもの」を 手話 表現して こころと情感をこめる

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)を再録・編集して公表してほしいとの要望に応えて。 原爆 爆…

一瞬の 手話 を見逃さない 一瞬の「静寂」と心理を見逃さない

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)を再録・編集して公表してほしいとの要望に応えて。 菊池さ…

菊池さんの手話の「地獄絵」が眼前に甦る

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)を再録・編集して公表してほしいとの要望に応えて。 この地…

ひとつひとつに凝縮されたろうあ者の方々の叫びと喜びと連帯のメッセージを「読み解いて」

(特別寄稿) 再録・編集原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)を再録・編集して公表してほしいとの要望に応えて。 何もかも…

ろうあ者の人々の叫び 暮らし そして人間性と手話 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 

(特別寄稿) 再録・編集原爆を見た聞こえない人々から学ぶ 佐瀬駿介 2000年8月22日から2003年2月15日まで全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)を再録・編集して公表し…

無理強いして「日本手話」と「日本語対応手話」区別  コミュニケーションがさらに豊かに多くの人々と暮らす社会の中で活きることはなく

実証されない 「日本手話という日本語とは異なる言語」の比較研究 手話学入門として神谷昌明 国立豊田高専教授 (元日本手話学会理事、元豊田市手話奉仕員))は、 木村晴美さん(NHK「みんなの手話」元講師)や市田泰弘(日本手話学会理事)の「日本手話」は…

日本手話 と主張するが 歴史的に形成されてきた手話と手話による会話・表現を一面的に強調  自己の主張に押し込めているのでは

アメリカにも音声言語(英語)に対応する手話と、英語の文法とは全く異なるろう者独自の手話があります。前者を英語対応手話(Signed English:サイン化された英語で)と呼び、後者のろう者手話を「アメリカ手話」(American Sign Languae:ASL)と呼びます。 …

日本手話  日本の手話研究を見ず アメリカの一部の手話研究を型どおり当て嵌めた

日本手話をJapanese Sign Language:JSL」と英語は 「 日本の手話」とも言えるのに否定する理由は 手話学入門として神谷昌明は、「日本手話」って何でしょうか?という問題を投げかけている。 そして、「日本手話」は「日本の手話」と言う意味ではなく、「日…

根拠と科学的研究による立証の上で述べているのだろうか 「日本語とは異なる『日本手話』を使いますので、言語学的にみて2言語使用者(Bilingual)」

手話学入門として神谷昌明 国立豊田高専教授 (元日本手話学会理事、元豊田市手話奉仕員)が次のようなことを書かれている。 通常言われていることではない造語「手指日本語」 神谷氏は、「日本語に手話単語を一語一語あてはめていく」ものを「日本語対応手話…

さらなる手話通訳の発展のために 日本手話や音声対応手話などの主張をする人々の「ことばの装飾」はあるが、「論理」と「根拠」はない

2006年12月から手話通訳の成り立ちとその発展の基礎的考えを明らかにし、多くの関係者に問題提起して今後の手話通訳の方向に一定寄与しようということになった。 そのため基本骨子を考えたが、基本骨子が多岐に及んだ。 ろう教育と手話の成立と導入・口…

手話通訳者はろうあ者の指導者ではないが、ともするとろうあ者の代理者として考えられる ろうあ者の主体性確保を危うくする結果が多々ある

1966(昭和41)年厚生省社会局(当時)から京都の手話サークルみみづく会に公式な照会状が送付されてきた。 その厚生省の照会状への回答として、 京都の手話サークルみみづく会は、 「手話通訳者はろうあ者の指導者ではないが、ともするとろうあ者の代…

手話通訳以外の援助作業ってなんですか?

故大原省三さんは、手話表現の多くは、戦前の聾学校で使われた教科書や漢字表現や漢字の意味などがくると数多くの記録を残しておられる。 嘘と言う手話も「口に息をためて」「「はく」「吹く」と関連しているとして、ほっぺの片方を膨らませて、それをくっつ…

最も大切な人間的営みを打ち消す 手話通訳の時間も切り売りはとんでもない落とし穴と非人間性がある

ほんとうに手話通訳の内容を考えているのだろうか 事例を述べてきたが、これらに共通するものは、手話通訳の場面とその前後で手話通訳が非常に限定されたものか、主観的に理解された限定の範囲で行われていることである。 それは、「手話通訳者は、『手話通…

日本手話 日本語音声対応手話 などは存在しない

最近の手話通訳事情からの再検証を考える 社会常識もないから 事例 7-8 障害者職業相談室の斡旋で若いろうあ女性が就職したが、一ヶ月後、会社から障害者職業相談室に連絡が入り 「社会常識もないから」 と言うことで退職を宣告された。 若いろうあ者が手…

手話通訳以前の前提を すべての人々が健康に

最近の手話通訳事情からの再検証を考える 大腸の検査をするために大病院に行くことに 事例 7-6 京都のB子さんは、自分の家の向かい隣に住んでいる手話の出来る主婦Kさんとの話では、饒舌になるのに聴言センターから派遣された手話通訳に対しては全く話…

手話通訳の資格を持っているからといってろうあ者が「一番安心」できるものではない

最近の手話通訳事情からの再検証を考える 「資格を持った人が良い」と言い切れるのか 事例 7-5 近畿の手話通訳者の集会でN県のろうあ女性から 「家の近所でお世話してくれる手話通訳の人が一番安心して、手話通訳してもらえる。」 「でも、その人が都合…

手話とは 手指だけ動かしていればいいという誤解をマスコミがひろげている

最近の手話通訳事情からの再検証を考える たいした病気ではありませんからね 大きな病気ではありません 事例 7-4 病院でろうあ者が医者から、 「大丈夫ですよ。たいした病気ではありませんからね。」 と言われた。 これに対して手話通訳者は、 「大丈夫、…

手話通訳は 情報提供という一方通行の考えにある危険 あらゆるものが手話表現出来るという考えは 手話を知らないことである

最近の手話通訳事情からの再検証を考える 運動不足だからもっと歩きなさい 事例 7-3 もう足が痛くて歩けない いったいどれくらい歩いたらいいの? ある日、手話通訳者の家のチャイムが鳴った。 出てみると近所に住む高齢なろうあ者だった。玄関にへたり込…

手話の技巧と信頼感とは別の領域と理解出来ない人が多い だが、信頼があってこそ手話通訳が成り立つ

最近の手話通訳事情からの再検証を考える 手話通訳を初めてまだ2年弱なのに電話通訳を頼まれる 事例 7-2 ある若い女性の手話通訳者の悩みが出された。 「私は手話通訳を初めてまだ2年弱。なのに電話通訳を頼まれる。通常の電話は、首と肩で挟んで手話通…

「手話通訳依頼内容以外の手話通訳はしなくていい」と言うが

最近の手話通訳事情からの再検証を考える 1976(昭和51)年の頃の手話通訳者とろうあ協会の話し合いでは、 「手話通訳者が少ない。」 「男ばかりの手話通訳者が多く、女性の手話通訳者が少ない。」 など話が出されていた。 しかし、現在では、手話通訳者の増…

法律における手話通訳者の内容と名称の再検証と今日の発展段階

各法律の手話通訳者の内容と名称の再検証 手話通訳研究課題として考えられるのは、 1,手話通訳者の呼称。現状のままでいいのか。 2,手話通訳者の業務は現実から出発して、独自の業務を主張し制度的保障の方策はないか。 の二つがある。 1985(昭和60)年…

もとめられる聴覚障害者が期待してきた手話通訳者像を再検証

手話通訳に関する問題点は 改善・改革されるどころかますます深刻な事態 手話通訳制度に関する多様な課題を総合的に研究する営みによってこそ、手話通訳の資格制度を含め個々の課題が広く深く検討できたはずである。 もう一つは、手話通訳士の職務が規定され…

障害者に即して自由権と社会権の統一的な実現が要請されるはずだったが

障害者自立支援法の問題と今後 2006(平成18)年4月、障害者自立支援法が施行され、同年10月からは地域生活支援事業(コミュニケーション支援事業など)の実施をもって本格実施となった。 憲法違反の障害者自立支援法改正 しかし、この法律等は憲法で保…

聴覚障害者を含めた国民のコミュニケーションが自由に行えないという実態の解消を経なければ、基本的人権は保障されない

※ 現在手話通訳に携わる人々は、さまざまな言い回しで手話や手話通訳のことを話すが、手話と手話通訳が日本国憲法などでどのように位置づけられているのか、またどのように考えていかなければならないのかを充分考えている人は少ないように思われる。 この手…