手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

宇治市手話言語条例 加害者が平然として被害者が震え上がる姿に日本の社会を見る

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 二重、三重にも、いやそれ以上に誠意を持って生きているろうあ者夫婦の人間性を踏みにじる行為に許せなかった。 だから、な…

宇治市手話言語条例 福祉はどっちに向いている

手話を知らない人も手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 保険会社の営業所への電話。 担当者がすっ飛んできた。 保険証書の裏に 保険解約 保険はすでは解約されていること。 そのこと…

宇治市手話言語条例 美辞麗句で包まれた行政の枠組みのひとつの殻を抜け出ると

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 自分でやれないことがあるから 福祉に援助を求めている 未就学のろうあ者が婦が困っているのは、障害がある故ではないのか。…

宇治市手話言語条例 削られた証書を示して手振り身振りで

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 保険証書の裏書きに削られた痕 ご主人が、見ていた保険証書をひっくり返して、私に見るようにという身振りをした。 と、とた…

宇治市手話言語条例 これが、どうしたというのだろうか 一枚の保険証書

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 ある日。K身体障害者相談員が宇治市福祉事務所にやってきて、ある夫婦が非常に困っているが、なにが、どのように困っている…

宇治市手話言語条例 哀しみを乗り越えた最高の笑みと文字

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 見よう見まね、と言っていいのかどうか迷うが、あえて書くと、HAさんの写しとった会員の名前は形だけで何となく自分の名前が…

宇治市手話言語条例 字が読めて、字が書けるようになりたいのや みんなの名前からはじめて

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 宇治市ろうあ協会の会議で、HAさんが、 「ろうあ協会の会計をやらしてほしい。」 「ろうあ協会の機関紙読めないけれど、説明…

宇治市手話言語条例 聞こえない子どもがいることがわかると大反対していた親が

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 講演している先生の趣旨の 基本を押さえて 手話通訳をしながらその様子を見ていると見ていると、講演の内容はすべてではない…

宇治市手話言語条例 手話も分からないろうあ者に講演内容を「絶妙に伝える」ための方法 が花咲く

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 1969年頃にろうあ者成人講座に行くと、あの人も、この人も、向こうのあの人も、いろいろな働きかけの中で参加するように…

宇治市手話言語条例 農業をする仕草を共にしながら未就学のろうあ者とコミュニケーション

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 印刷案内をすべてのろうあ者のもとに届ける行動。 自転車のライトの灯りではすすめない漆黒の闇。 その上、聴覚障害があると…

宇治市手話言語条例 うれしかったろうあ者成人講座の案内をすべてのろうあ者のもとに

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 ろうあ者成人講座で悲しい話をしているのに笑顔と笑いだけが残るとは、理解しがたいことだろう。 この悲しい話は、参加して…

宇治市手話言語条例 苦しかった悲しかった悩んでいることが 笑顔と大笑へ

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 京都府教育委員会のろうあ者成人講座で料理を教えてくれるのが、本当の大学教授の先生。 「ええ、あんな立派な先生に教えて…

宇治市手話言語条例 ろうあ者が初めて大学の門をくぐって学ぶ

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 ろうあ協会では、京都府教育委員会社会教育課のHさんの役人ぶらなくて、物腰が柔らかく、ていねいで、しかも自分たちの思い…

宇治市手話言語条例 自らすすんで担当したいと申し出た人

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 ろうあ者成人講座は、1966(昭和41)年12月21日京都府議会本会議の質問と答弁からはじまった。 自らすすんで担当…

宇治市手話言語条例 宇治市に専任手話通訳配置までの道のりと深い背景

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 京都の手話通訳が 公認されるまでの若干の歴史 1956(昭和31)年以前一人の手話通訳者と京都ろう学校の教師が、個人的・奉…

宇治市手話言語条例 宇治市 全国初の手話通訳旅費・謝礼を支給

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 宇治市手話通訳保障に 全国初の予算 「なぜ、ろうあ協会の責任で手話通訳を呼ぶのか」「市の方が責任を持って手話通訳を呼ぶ…

宇治市手話言語条例 市に頭を下げてお願いしすがりつくことから自分達の要求を言えるように

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 手話通訳保障の行政責任を明らかに 「なぜ、ろうあ協会の責任で手話通訳を呼ぶのか」「市の方が責任を持って手話通訳を呼ぶ…

宇治市手話言語条例 宇治市 は仲よくやりたいと言いながらろうあ協会の責任で 手話通訳 を呼べとは

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 ろうあ者の福祉を なおざりにしてきた過去が暴かれることに 1968(昭和43)年7月山城ろうあ協会の機関は、宇治市に大…

宇治市手話言語条例 バカにされ、けいべつされぶじょくされ冷たい目でみられ人権が無視され差別される理由はどこにもない

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 6 このようなウソを本当のように、又事実を無実と決めつけて平気な福祉事務所のあり方に疑問を感ぜずにおられない。 ろうあ…

宇治市手話言語条例   黙ってはおられぬ

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 黙ってはおられぬ 宇治市ろうあ協会の会長の談話は、 福祉事務所とは、4月からいろいろな点、例えば近畿ろうあ者卓球大会を…

宇治市手話言語条例 人間性を取り戻せるという講座で

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 わたしたちの生活と基本的人権 わたしたちも人間だ 1968(昭和43)年7月8日に開かれたろうあ者成人講座の中身・講座…

宇治市手話言語条例「誤魔化しを許さない」ろうあ協会の機関紙

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 京都の北部の舞鶴市でろうあ協会が「筆談」で課長と「ろうあ協会が市長と会う日」を連絡した。 当日になって仕事を休んだろ…

宇治市手話言語条例  不快の原因は、あなたのとりちがえと宇治市福祉事務所長

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 福祉事務所長の「筆談」は、紙に鉛筆で書かれたもので紙質も悪く、もうほとんど消える寸前のものであった。 「筆談」で相手…

宇治市手話言語条例  こんどは通やくさんが入るのですか と宇治市福祉事務所長

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 (注:新聞記事の「福祉事務所としてはこれでは気の毒だと思いろうあ協会には、ろうあ者厚生対策事業費として特別に一万五…

宇治市手話言語条例 宇治市福祉事務所長 あとできいた ろうあ者の方を差別したりまたきよったなどというようなことはなかった

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 地元紙の新聞記事を見た福祉事務所所長は。非常に驚き、ろうあ協会の二人役員を呼んで「筆談」をした。 聞こえないから文で…

宇治市手話言語条例 お二人のひがみではないか 差別していない

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 この山城ろうあ協会の機関紙を手に入れた地元宇治市内の新聞社が次のような記事を掲載した。以下、1968年9月末付けの要…

宇治市手話言語条例 ろうあ協会の機関紙が与えた影響とろうあ者ためのろうあ者による新聞

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 山城ろうあ協会は、京都市以外の奈良県境までのろうあ協会でつくられていた。 1968(昭和43)年当時は、ガリ版で印刷…

宇治市手話言語条例助成金を配分 汽車の割引き券 それだけが障害者福祉の仕事じゃない

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 社協(注:社会福祉協議会の略称)から出ている助成金が10月頃決まり、実際手に入るのは年末問題で、山城ろうあ協会の事務…

宇治市手話言語条例 またキヨッタ問題と山城ろうあ協会機関紙

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 1968(昭和43)年、8月10日付の山城ろうあ協会の機関紙に次のような記事が載った。以下概略を掲載する。 ぶっきら…

宇治市手話言語条例ろうあ者の人々の暮らしや苦悩を乗り越えた市民連帯の気持ちが込められて

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 宇治市手話言語条例は、当初の「(仮称)宇治市手話言語条例の骨子」に対するパブリックコメントなどや宇治市ろうあ協会(か…