手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

あの文をあらためて 私も妹もお互いに努力しているのに I IOVE コミュニケーション手話テキスト

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに From hand to hand{伝えておきたい手話と手話テキストのことの覚え書き} 健一さんが、友子さんの家を訪ねてお母さんやお姉さんの話をするシーンは、手話と口話の問題を明らかにするためだったのですかと I …

中学部、高等部のお兄さんお姉さんが手話でたのしく話 I IOVE コミュニケーション手話テキスト

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに From hand to ha{伝えておきたい手話と手話テキストのことの覚え書き} I IOVE コミュニケーション中学生・高校生のための手話テキストでは、友子さんは次のように話しています。 最初は、何げなく読んでい…

お母さんは口話主義でお姉さんは手話主義って思って I IOVE コミュニケーション手話テキスト

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに From hand to hand {伝えておきたい手話と手話テキストのことの覚え書き} I IOVE コミュニケーション中学生・高校生のための手話テキストは、健一さんが友子さんの家を訪れた時のことを書いています。 お母…

ろう学校に通う生徒がひとりの島 でも友人が I IOVE コミュニケーション手話テキスト 

手話を知らない人も手話を学んでいる人もともに From hand to hand{伝えておきたい手話と手話テキストのことの覚え書き} 3歳から連絡船にのってろう学校へ 友子さんから健一さんに手紙が来ます。 そこでは、 私は 今、ろう学校に通っています。 ろう学校と…

耳きこえないんですか そんなふうに見えないけど I IOVE コミュニケーション手話テキスト

手話を知らない人も手話を学んでいる人もともに From hand to hand {伝えておきたい手話と手話テキストのことの覚え書き} 外からわからないものね と言いつつ 「あの……友子さん、本当に耳きこえないんですか。そんなふうに見えないけど」 「きこえないこと…

普通高校とろう学校の距離と時間 I IOVE コミュニケーション手話テキスト

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに From hand to hand{伝えておきたい手話と手話テキストのことの覚え書き} 友子さんの家は島の古い家並の続く処 島の高校生とろう学校に通う友子と健一さん。 登校途中にぶつかり、急ぐ友子さんは学生手帳を…

ろう学校の生徒と普通高校の生徒の出会いをありえないという人  I IOVE コミュニケーション手話テキスト

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに From hand to hand{伝えておきたい手話と手話テキストのことの覚え書き} I IOVE コミュニケーション中学生・高校生のための手話テキストは、友子さんと健一さんの出会いを次のように書いています。 ぼくと…

手話は聞こえない人によってさまざまに表現され意志の交流がはかられて I IOVE コミュニケーション手話テキスト

手話を知らない人も手話を学んでいる人もともに From hand to hand {伝えておきたい手話と手話テキストのことの覚え書き} I IOVE コミュニケーション中学生・高校生のための手話テキストは、友子さんと健一さんの登校風景からはじまります。 この風景、あ…

人生経験や年齢を重ねることで手話を通じて新たな自分なりの学びが出来るように I IOVE コミュニケーション手話テキスト

手話を知らない人も手話を学んでいる人もともに From hand to hand {伝えておきたい手話と手話テキストのことの覚え書き} 手話テキストを目にしたときの印象 あまりにも違いすぎたこ不思議 I IOVE コミュニケーション中学生・高校生のための手話テキストを…

I IOVE コミュニケーション中学生・高校生のための手話テキスト

手話を知らない人も手話を学んでいる人もともに From hand to hand {伝えておきたい手話と手話テキストのことの覚え書き} もう20年ほど前のことのことになりますが、手話を学んでいた時にそれまで見たこともないし、それ以降も手にしたことのない手話テキ…

普通高校で聴覚障害生徒と健聴生徒がともに教育をなどなど 隔離部屋に入れられても屈せずに 

手話を知らない人も手話を学んでいる人もともに From hand to hand{特別投稿} ろう教育の常識と前提 故藤井進先生からの伝承 未完成のリポートとして 藤井進先生が京都府教育委員会指導主事になって提案し主として教育行政の中で変えられたり、中心的に取…

認定手話通訳者 の 京都府教育委員会指導主事がいた

手話を知らない人も手話を学んでいる人もともに From hand to hand {特別投稿}ろう教育の常識と前提 故藤井進先生からの伝承 死ぬまで手話通訳したこと 京都で一部の人しか知っていない現実 故藤井進先生は、1960年代後半から1970年代まで約9年間京都府教…

障害児教育と名称変更した理由 子どもたちは基本的人権を持った子どもである特殊な子どもではないなどなど

手話を知らない人も手話を学んでいる人もともに From hand to hand {特別投稿}ろう教育の常識と前提 故藤井進先生からの伝承 特殊教育という名称を 障害児教育と変更を提案 その背景を充分理解する必要がある 藤井進先生が指導主事になって、それまでの京…

ろう学校の生徒を人間としてみない その能力を認めない傾向に抗して

手話を知らない人も手話を学んでいる人もともに From hand to hand {特別投稿}ろう教育の常識と前提 故藤井進先生からの伝承 京都の教育のために 力を発揮してくれと同僚 1965(昭和40)年11月18日 京都府立ろう学校で授業拒否事件から、京都府教育…

ろう学校の先生の言っていること 聞こえている生徒も居たのに言った言わないと言い続ける教師の姿に

手話を知らない人も手話を学んでいる人もともに From hand to hand {特別投稿}ろう教育の常識と前提 故藤井進先生からの伝承 手話を学び、手話を獲得するもっと多くのコミュニケーションを学ぶ それは自然で当然のこと ろう教育に真摯に向かい合うことで手…

特殊学校や障害児学校だけにとらわれない運動

手話を知らない人も手話を学んでいる人もともに From hand to hand {特別投稿}ろう教育の常識と前提 故藤井進先生からの伝承 京都ろう学校の教育現状と内容の変革 藤井進先生は、京都ろう学校の教育現状と内容の変革を感じ、教職員組合に入る。京都ろう学…

ろう学校にはじまりろう学校だけで終わる思考形態と行動ではなく

手話を知らない人も手話を学んでいる人もともに From hand to hand {特別投稿}ろう教育の常識と前提 故藤井進先生からの伝承 座して待つ、のではなく活路を活路を切り拓く藤井進先生の動を、繰り返すが教師として当然のことをしたと言い切る。 だが、 ろう…

ろう学校の子どもの笑顔が あらゆる嫌がらせ 迫害を撥ねつけた

手話を知らない人も手話を学んでいる人もともに From hand to hand {特別投稿}ろう教育の常識と前提 故藤井進先生からの伝承 迫害に屈しなかったのは ろう学校の子どもの笑顔 特に重複障害の‥‥‥ 自分自身の誤りを反省させてくれたのはろう学校の子どもたち…

ろう学校の子どもたちの率直な人間性が 私自身の誤りと反省を

手話を知らない人も手話を学んでいる人もともに From hand to hand {特別投稿}ろう教育の常識と前提 故藤井進先生からの伝承 手は一切使わない 全部口でお話し ‥‥‥(口話法では)手は一切使わないで、全部口でお話し。それ徹底されて、目で見て唇の動きで…

手話はダメだ 口話でないといけない はない 長く教育行政の仕事にも関わったが

手話を知らない人も手話を学んでいる人もともに From hand to hand {特別投稿}ろう教育の常識と前提 故藤井進先生からの伝承 ろう学校では手話を全面的に禁止 と思い込んでいる人が多いが 故藤井進先生が、1952(昭和27)年、京都府教育委員会の採用試験に…

ろう学校の教師 が 子どもの言っていることがわからへんと言うわけ

手話を知らない人も手話を学んでいる人もともに From hand to hand {特別投稿}ろう教育の常識と前提 故藤井進先生からの伝承 恨みを蓄積されてもキッパリ言う勇気 藤井進先生が語った、「うちの嫁はんが責め立てる。私は高校の教師と結婚したんで、ろう学…

ろう学校から出してくれ 出れなかったら離婚される 障害者差別がまかり通る時代

手話を知らない人も手話を学んでいる人もともに From hand to hand {特別投稿}ろう教育の常識と前提 故藤井進先生からの伝承 先生が畑でネギを盗みすき焼き 藤井進先生は、新採でろう学校教諭になった頃を振り返り、貴重な事実を語ってくれている。 この事…

お金がないからろう学校にやれない 畑作業をする でないと 生きていけない

手話を知らない人も手話を学んでいる人もともに From hand to hand{特別投稿}ろう教育の常識と前提 故藤井進先生からの伝承 1951年(昭和26年)からの藤井進先生は、ろう教育に率直に取り組みながら、その教育の範囲をろう学校に留めなかった。 新採教師と…

ろう児の教育に 「厄介」「面倒」「邪魔」ということは一切ないと

手話を知らない人も手話を学んでいる人もともに From hand to hand{特別投稿}ろう教育の常識と前提 故藤井進先生からの伝承 ろう学校に赴任してすぐ重複学級の担任 人生を決定づけた出会い 京都ろう学校は戦時中の多くの問題を残しながらも1951年(昭和26…

ろう学校校長 手話を覚えて欲しいと新任教師に 1952年 

手話を知らない人も手話を学んでいる人もともに From hand to hand{特別投稿}ろう教育の常識と前提 故藤井進先生からの伝承 京都ろう学校生徒の「授業拒否事件」を全面的に支持し行動した故藤井進先生らは、京都ろう学校の教師の対立を激化させることにな…

京都ろう学校 生徒の「授業拒否事件」を真に支えた先生

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに From hand to hand{特別投稿}ろう教育の常識と前提 故藤井進先生からの伝承 手話を知らない人も手話を学んでいる人もともに のブログには次のようなことが書かれていました。 ろう学校「授業拒否事件」 教…

手話やろうあ者問題 力のある者が強く言ったらそれが通り なにが真実かわからないままになって流れている

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {再編集投稿}手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会結成の思いと行動 全国手話通訳問題研究会結成 当時の初代事務局長谷勇男氏へインタビュー(了) 力のある者が強く言ったら…

自分の思い込みで手話通訳をする とんでもない事態を引き起こす

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {再編集投稿}手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会結成の思いと行動 全国手話通訳問題研究会結成 当時の初代事務局長谷勇男氏へインタビュー 観察、考察、所感、感想などなど…

事実をありのまま手話通訳出来ない 話の筋道に主観が入り込んで

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {再編集投稿}手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会結成の思いと行動 全国手話通訳問題研究会結成 当時の初代事務局長谷勇男氏へインタビュー 自分の理解で手話通訳する 言っ…

多様性 個別性 の手話 を認めてこそ 山の手話はひとつでないように

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {再編集投稿}手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 全国手話通訳問題研究会結成の思いと行動 全国手話通訳問題研究会結成 当時の初代事務局長谷勇男氏へインタビュー ろうあ協会から言われただから …