手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

自分の身体を痛めることがろうあ者の理解に繋がると思い込んでいる人へ

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 電話の件で大矢さんとトラブルになった時に、手話で伝えないからなんだ、と思い込まれるのは不本意である。 聞こえる人が話…

ろうあ者のことを理解していないから の言い合い 言い争い になるのだという人へ

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 言い合い、言い争いで疲れた結果 ろうあ者の気持ちを知らなさすぎる、と言われての言い合い、言い争いの結果疲れ果てしまっ…

福祉事務所は 個人的で私的な ろうあ者 の問題は関われないと

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 ろうあ者のCさんの話と全く異なった向かいの聞こえる奥さん話。 向かいの家の聞こえる人の話を信じるのは、アンタが聞こえ…

愛犬はCさんに尾っぽを向けたときに吠えているが

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 釘のとがった先がハリネズミのように外に 京のやっと一人が歩ける路地を歩いた先にロの字型の小さな空間があり、それを取り…

手話 と 手話通訳 や きこえる ことや きこえない ことの教科書

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 私と大矢さんとの間で「ワンワン物語り」として、あとあとお互いの理解の基本を確認した「手話と手話通訳やきこえることやき…

手話通訳者の感性と教養 が現れて

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 待ちわびているのか 待ちくたびれているのか もう待てないのか が手話で あごの下に手を添える。普通は、「待つ」と言う手話…

聞こえない から表情やその人の状態を 聞こえる人 より鋭く捉えるのは必然

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃のことから}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 また 来よった ぶっきらぼうに「用件は!!」 宇治市役所の福祉事務所をたずね時に、窓口の女の人が僕たちを見つ…

真似る 手話とは 手をさしのべて「つかんで」 頭に入れる

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃のことから}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 頭の中に入れないと 真似たことにならない 手話は、ろうあ者と接して、それを「真似て」覚えた。 もちろんビデオ…

電話が鳴ってこないわけ 「聞こえないろうあ者は~」といっも言っているのに

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃のことから}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 ならない黒電話を前に 電電公社に到着して息つく間もなく必死になって電話を引くための手続き。 電電公社の人が言…

「待ってくれ!!」「速すぎる!」「止まって!!」と叫んでも届かない

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃のことから}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 頭の中で考えるとと 実際に経験することとの間で差が生じそれをどう理解するかで 手話通訳者の方向が決まる 「聞…

微妙な問題も生じた 手話通訳 は何から何まで全て ろうあ者 のためにするものではない

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {再編集投稿・1969年頃のことから}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 手話で話をしていくことが増えるにつれ Aさんの声が気にならなくなる 「ハイライトクダサイ」と言ったAさんの声…

ろうあ者は手話を と言っているのに声を出すのはおかしい????

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃のことから}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 自分で出来ることは自分でする でも、出来ない時は 手話通訳をしようとすると、Aさんは押しとどめた。 ここでは私…

押しとどめる仕草と手話通訳

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃のことから}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 何かしなければという焦りが手話通訳者を襲うとき 新たな体験をしたとき、その印象は強く残るものである。 まして…

聾 の意味を考えてみる  ことば遣いよりも意味を籠めて 弘法大師筆 の「聾」

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃のことから}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 聾とは… 聾とは… まず最初に、「聾」について、龍+耳で構成されているが、こもる、たちこめるという意味から形成…

人間としての共通のコミュニケーション手段とハートがあり 知恵がある

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {再編集投稿・1969年頃のことから}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 手話を知らない 学んだこともないという人に 知っていただきたい 手話を知らない、学んだこともないという人にこ…

意味不明な、概念もない、あいまい言葉やカタカナの乱立、わけのわからないことばでは何を言っているのか解らないと言う権利がある

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {再編集投稿・1969年頃のことから}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 ワッツ・ユア・マイナンバー(あなたの私の番号は何番?) って英語で聞かれて 毎日新聞で詩人アーサー・ビナー…

今、手話を学ぶ、ということになれば たぶん学ばないだろうなぁ

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {再編集投稿・1969年頃のことから}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 手話通訳をとても長く続けてきた仲間が集まって話したことがある。 「今、手話を学ぶ、ということになれば、たぶ…

京都府立聾学校では 手話は禁止されていない

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {再編集投稿}ー京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 幼稚部から高等部まで 身振りや手話は使われている 聾学校では、手話が禁止されていた、と断定的に言う人がいる。 最近、1950年代…

1969年 京都ろうあセンター案内パンフ紹介 ④ 行政の援護も不充分なままの門出

1969年 京都ろうあセンター案内パンフ紹介  ③ 京都ろうあセンタの事業とは

1969年 京都ろうあセンター案内パンフ紹介 ② 要求から遠いものであるがこれを出発点として

1969年 京都ろうあセンター案内パンフ紹介 ①  京都ろうあセンターの誕生

決して忘れてはならないし、消し去ってはならない、胸に真のねがいが刻まれていた時代

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {続投稿}ー京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 変えたのは ある特定の人物ではない 1960年代末から1970年代初めにかけてろうあ協会は基本的人権の狼煙をあげ行動した。 このことがそ…

ろうあ協会の要求は切実で「利権を求めている」「嘘偽り」はなく行政が行政として果たさなければならないことを言っている

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {続投稿}ー京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 課長が少しでも本筋からそらそうとすると ろうあ協会のひとり一人の発言にみんなはうなずき拍手の連続。 京都府の担当課長が少しでも…

相手が言うことが回答になっていなければすかさず言える手話でのコミュニケーション形態の変化

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {続投稿}ー京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 同じことばかり言っている そんなことを聞きたいのではない ろうあ協会との交渉で京都府の担当課長がだらだらと話し続ける時間稼ぎ。 …

あっさり認めたのは大ちょんぼであった、と京都府課長のつぶやき

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {続投稿}ー京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 陳情するから団体交渉へ おねがいから要求へ ろうあ協会の要求は、役員が行政に陳情するという形態から集まれるろうあ者が参加して行…

「ろうあ者の基本要求」に基づく要求実現のための妥協なき激しい要求運動が怒涛の勢いで

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {続投稿}ー京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 「かしこい」ということから 「みんながかしこくなる」 ろうあ者成人講座の前と後の繰り返しの中で「まねる」から「学ぶ」となって、…

物を投げつけられたり水をかけられ 未就学のろうあ者を訪ねる途方もない努力

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {続投稿}ー京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 想像を絶する努力と時間をかけて 山城ろうあ協会(京都市以外の南部から奈良県境までの広い地域)ろうあ者相談員(当時)は、未就学の…

「なるほど」「へー」「そうだったん」「教えてくれてありがとう」「お互いさま」の手話が飛び交うようになると

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {続投稿}ー京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 要求運動が進むにつれ大きな変化 ろうあ協会の私たちが要求を持ち寄り、要求を実現してこそ憲法が生きているという要求運動が進むにつ…

ろうあ者の生きがいのある暮らしを知事が約束 手話通訳配置だけを答弁しなかった深いわけ

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {続投稿}ー京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー ひとりのろうあ者に一人の手話通訳を ろうあ者の人々が生きがいのある生活 が出来るようにこれはお約束 1966年京都府議会本会議。 そ…