読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手話と手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

上から押しつけられたコミニケーション みんなで創りあげられたコミニケーション

  

   動きによって「心の中」の微妙な動き

  人間の内面の動きが表現される

 

恋愛

 

 恋愛の表現は、今日言われている、ハートの上部部分を示したしたとして表現されたものでない。

 戦前から表現されてきたもので、恋に落ちる、という意味もあると伝承されてきた。

 男女が恋に落ちて深まり、気持ちが一体化する。

 

      放物線上に「ひとさしゆび」を下方に動かす

 

 そのそれぞれの人差し指が、どのように合わさって、下に「落ちる」のかで、恋愛の深さや、男女の恋愛の程度や、どちらか一方は深く愛し、どちらか一方はそれほどでもなく、そこそこであるなどの微妙な表現形態である。

f:id:sakukorox:20141201010657j:plain

 この表現形態は、「ひとさしゆび」を放物線上に下方に動かすことにある。

 

 これに対して、「愛する」は、全く異なった表現形態で可愛がると同義語で、双方の気持ちが合致しなくても「愛」があることも表現している。 

 

 「愛する」は、手の平に円を描きながらその動きで愛の深さや程度を示すのである。

f:id:sakukorox:20141201010805j:plain

 

 ここでは絵柄がないが、会わせた手のひらの一方を返すことで、裏切り、心変わりなどを表すことがある。

 

 以上の動きは、その動き、速度によって「心の中」の微妙な動き、人間の内面の動きが表現されるから、片思い、両思い、深い愛、愛し合う、両方が愛し合うと多様に表現出来るのである。

 

     「ひとつの手話」は、多義性と多表現がある

 

 これらは「音声言語」にも置き換えられるがゆえんに「ひとつの手話」は、多義性と多表現があるといえるのである。

 「ひとつ手話」だけを見てもこれだけの表現があるのが手話の特徴であり、手話の魅力であり、これがろうあ者が創りあげてきた「コミニケーション」であり「文化」なのである。

 

  多義と多様性と変化する、変化させることで異なった表現や微細な表現が出来る。

 

   単純な考えに手話を押し込もうとすることの克服

 

 手話を型にはめたり、単純に考える人は、この変化について行けない。

 だから、自分たちの枠組みや単純な考えに手話を押し込もうとし、ろうあ者が生活の中で創り上げて来た創造的な知恵をいとも簡単に切り捨てる。

 

     言語標記におけるfuzzy

      人間の会話のfuzzyはことばの源泉

 

 会話は、ひとつひとつの「ことば」で成り立っているが、それは相互に結びつき、その結びつきの流れの中で成立するし、健聴者の音声言語も同様である。

 

 音声による会話も、ひとつひとつの単語や語彙を確かめながらすすめられるものではないだろう。

 聞き、話の流れで聞く。

 音声による会話も一語一語の意味を確かめているわけではない。

 

 よくあることだが、音声で話されたことを文字化すると話の内容が全く掴めないことがしばしばある。

 

 主語や述語どうり話しているわけではないので、音声による会話を突き詰めてみると会話をしている人の間に多くの認識、聞き違い、など「ファジ-【fuzzy】な部分」があることがわかる。

 

   不確かさを相互に認識し

 確認するために充分に時間をかけた会話が必要

 

 それは、音声による会話は、「音声の流れ」と、「対面交流」によってすすめられるからであり、それが自然な人間の会話なのである。

 

 音声による会話をする場合の人間は、音声のみだけでコミュニケーションしているわけではないのである。

 

 曖昧さ、不確かさなどと織り交ぜながら音声による会話は、伝達され、成立しているがゆえに、不確かさを相互に認識し、確認するために充分に時間をかけた会話が必要なのである。

 また確認できた、もしくは確認できる課程を文字として認識を定着させる。(口承という手段はあるが)

 

 そうすることによって、人間は、曖昧さ、不確かさがあればそれに気づき共通の認識がもてるのである。

 

      手話の成立と形成過程を充分尊重

 

 手話もそのように同じ道筋を通って成立しながら洗練されてきたのである。

 その成立と形成過程を充分尊重しない傾向は、ろうあ者が創りあげた手話を否定・破壊してしまうことにもなるのである。

 

 長い時間をかけて、数えきれないろうあ者の人々によって、手話は育み、育てられてきた。

 

  上から押しつけられるコミニケーションは

      しばしば人間性を否定する

 

 手話が無視、軽視されたからが多義性を持ち、それが複雑に組み合わせられることによって無限ともいえる表現形態が獲得されてきたのである。

 

 自由で創造的で、洗練の極致に達した手話が生み出されてきた。このことの歴史遺産を伝承されなければならない。

 

 コミュニケーションが上から強要されたらそれにすべて従って「形に嵌め込まれる」と考える傾向は、手話や口話だけを見てろうあ者の人間性を認めない考え方にも行きつく。

 

 近年、手話を教える人々の多くは、手話を形通りのマニュアル化したものと捉える傾向が強まっている。

 

 だが、京都の手話通訳者は、過去、決してこのような立場をとらなかった。