手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

つきない恋の物語 恋 どきどき 声を出す 事務長 京都の手話

 

手話を知らない人も

   手話を学んでいる人もともに
 {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー

 

   声、話す、言う、騙して話す、など京都の手話には、さまざまな「聞く」・話すなどの手話がある。

 

 この場合は、「声を出す」の手話である。

f:id:sakukorox:20170624204258j:plain

 

 喉元から声が声帯(円で表現している)から口を通り、外に飛び出す。

 

 胸元まででている様子から「胸を絞り上げて出した声」ともとれるし、こころの奥底からの声ともとれる。

 

 いわゆる話という手話ではない。

 

 あれだけ出にくい声を出したのに、「聞いてもくれなかった。」などの時によくこの手話を見た。

 

 声をすらすらと出して言えない辛さも表現している手話である。

f:id:sakukorox:20170624204406j:plain


  事務は、まさに机に向かって書く仕事として表現される手話である。

 

 事務長。

 

 事務長は、その事務の責任者、偉いさん、上に立つ男として表現されている。

 

  手話から書いて手に持っているのは、鉛筆でも万年筆でも、ましてやボールペンでないことを見てとって欲しい。

 

 この時代のペンは、「つけペン」「付けペン」と言われてペン先にインクをつけながら書くので、書いたインクがすぐ乾かないので擦れないように手を添えている手話である。

 

恋=「戀」。

 

 男女が、惹かれ会い、こころが重なって、お互いのこころが一つになって行く。

 

 この意味合いをこころの微妙な心理を目を少し閉じて表現している。

 

 恋に落ち、こころが重なり合いひとつになる心情を見事に表現している。

 

 表情を見るだけでも夢見る恋心も伝わってくる。

f:id:sakukorox:20170624204502j:plain

 近年、ハートマークを画いた手話が恋だと手話講習会で教える人がいるが、この時代以前は恋をハートマークで画くこともなかった。

 

 恋の心情、胸の内を全身で表現する手話は、簡単に出来ないだろう。

f:id:sakukorox:20170624204545j:plain


  胸の高鳴り。どきどき。

 

 まさに心臓が高鳴り、脈拍が増えるようすをの手話である。

 

 あの女性を見た瞬間、「胸が高鳴り」、好きになり、交際を恐る恐る申し出て、お付き合いをしてお互い「」した。

 

 よく聞いた、見た手話であるが、恋の手指の動きや表情はみんな違っていた。

 

 つきない恋の物語。