手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

漢字の表意を手話に取り入れ 個人 手術 青年 京都の手話

f:id:sakukorox:20170625105338j:plain

 手話を知らない人も

   手話を学んでいる人もともに
  {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー

 

  個人。

f:id:sakukorox:20170625105510j:plain

 

 二度。三度繰り返すと「個々人」「めいめい」などの意味の手話となる。

 

 顔全体を人差し指で描いて、それぞれの表情の意味もあるが、個人の固は甲や顔を覆って身を守る意味も含められている。

 

 漢字の表意を手話に取り入れたとも考えるが、明石欣造さんがよく戦時中の「防空頭巾」のことを言っていた話とダブって見える。

f:id:sakukorox:20170625105544j:plain

手術。

 

 右手で患部を押さえて、左手の右差し指をメスにたとえて切る。

 

 真剣な表情。

 

 「目は口ほどにものを言い。」ということわざがあるが、目の方向の意味合いの大切さを教えてくれる手話である。

 

 同時に、手話は。全身で内面の気持ちを表現するものである。

 

 従って、これらの写真には、←→など手・指の方向は入れなかった。

 

 メスをまっすぐに切ることもあるし、少し切ることもあるし。適当な顔をする場合もあるからである。

 

 印を入れることによって手話を形式化することを避けたためである。

 

 手話学習する人は、自分なりに頭でイメージして手話をして欲しい。

 

 また、手話を知らない人はろうあ者の人々が、創造的に表現するためにつくりあげた手話にある奥深い意味を知って欲しい。

f:id:sakukorox:20170625105657j:plain

 明石欣造さんからは、髭そりの後の皮膚が青く見えるから「青=せいねん」とか、「未熟」などの意味で青=青年と教えられた。

 

 唇の上の髭のあたりをさして手話の動作は終わるのだが、ほっぺた部分を手のひらの甲を少し付けてくるりと(歌舞伎役者の頬の化粧のように)回す方法もあった。

 

 それをお尻に当てると「お尻が青い=青二才(蒙古斑)」とも教えられた。

 

 「一つの手話」が「ひとつの意味」ではなく多様であり、その組合せで無数に表現出来ると教わった。

 

 根拠なき手話ではなく、日本語を踏まえた、消化吸収手話が多く、驚かされた。

 

  ここでは、「若い」と「青年」が区別されていることに注視する必要があるだろう。