手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

手話の伝統は続いているのか 祖先 友だち しわ 当番 役員 妾 血 京都 の 手話

f:id:sakukorox:20170626205800j:plain

手話を知らない人も

  手話を学んでいる人もともに

 

  {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー

 

祖先。

f:id:sakukorox:20170626205941j:plain

f:id:sakukorox:20170626210009j:plain

 

 親指を交互に回しながら上に上げて行く手話。

 

 逆にすれば伝統の意味の手話。

 

 しかし、祖先も伝統も同じように表現されていた。

 

 人から人へ、人から人へと伝えられる、引き継がれる、続くなどの意味合いをいち動作で表現する手話。

 

 手話の伝統は続いているのか、続けよと心底から言っているように感じる。

 

 友だち。

f:id:sakukorox:20170626210115j:plain

 

 手をつなぐ、手を合わす、数回合わせば久しぶりの友だちの再会。

 

 手を合わせたまま円を描けば友情。連帯。

 

しわ(皺)。

f:id:sakukorox:20170626210213j:plain

f:id:sakukorox:20170626210307j:plain

 
  三本の指で、額に波打つ動きをしてしわ(皺)。

 

 他府県では、親指を額にあてて波打つ手話は、おじいさん。

 

 小指で額にあてて波打つ手話は、おばあさんを表したりしていたが、手話では額、おでこはしばしば重要な意味が持たされた。

 

当番・役員。

 

f:id:sakukorox:20170626210357j:plain

  

  人差し指で腕を半円状に半周する。(ぐるりと回すことは出来ないので)

 

 腕に巻いた印で役を表したことから来ているとされている。

 

血。
血流。

 

f:id:sakukorox:20170626210438j:plain

 

f:id:sakukorox:20170626210458j:plain

 

 唇の赤。流れる。で血を表現し、血が赤だけで示すのではなく流れていることをきちんと捉え表現する。

 


妾(めかけ)
 
 妾は、目をかける意味としてあるため、目・女の手話としているが、正妻のほかに養れている女性を蔑視する意味でも使われていた時代。

f:id:sakukorox:20170626210540j:plain

 

 軽蔑した、蔑視した手話もいくつもある。

 

 写真では、目をかける女としての手話表現をしながら、表情は少しさげすんだ表情をしている。

 

 時代の反映を感じさせる手話である。