手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

聞こえないことを聞こえることを対峙してとらえるのでなく 難聴 結婚 夫婦 1950年代初頭 京都の手話

  手話を知らない人も

    手話を学んでいる人もともに

f:id:sakukorox:20170628175047j:plain

  {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー

 

  先住民の身振り言語を手話として考える研究は、京都では1950年代にかなり詳細にされていた。

 

 前回は、オーストラリアの先住民の言語と手話と言ってもいい身振り言語の事が紹介されている。

 

 だが、最近、このオーストラリアの先住民の言語をやめさせて強制的に英語教育を行ったオーストラリア政府と先住民の間の事件や問題が歴史の「影」から表面化されその深刻な実態が明るみに出されてきている。

 

 「1954年手話冊子」では、聞こえないことを聞こえることを対峙して捉えるのでなく、その共通項と人間性を明らかにしている点では学ぶ事が多くある。

 

  でも、共通性だけでなく「1950年代の文明に住んでいるという事であり、一つには、彼らは音声言語に遂に聞くことがないという事である。」という件は同一性と異質性をきちんととられている。

 

 難聴。

f:id:sakukorox:20170628175134j:plain

 耳・遠い、で 音や声がよく聞こえないことを表す手話である。

 

 特に高齢の人々が日常的に「最近、耳が遠くなって」という言い回しからも来ているとも考えられる。

 

 顔を半分にして「難聴」。(聞こえる聞こえないの真ん中)補聴器を付ける動作で「難聴」とする手話はこの時代以降表現される。

 

 だだ、「遠い」の手話であるが、「距離が遠い」などの手話としてしばしば使われる手話である。

 

 手話で「帰る」は、人が次第に「遠ざかる」表現なのだが、これの省略形とも世界のある地域の先住民の「遠い」とまったく同じ表現だ、とも聞いた。

 

 物を遠くに投げる動作から来ているのかも知れない。

 

 ともかく、音や声が「遠くから」「耳」に入る手話表現なのだが、遠くからの声、遠くからの音、という表現に手話の魅力がある。

 


 結婚・夫婦。

 f:id:sakukorox:20170628175250j:plain

f:id:sakukorox:20170628175318j:plain

  

 男・女・一緒(くっつく)=結婚 の手話である。

 

 恋愛は、恋に落ちる精神性も含めて表現されたのに対して結婚は、目線で手話を表現することで、みんなに知れる、結婚、という意味表現する。

 

 離婚は、この手話の逆の動きをするし、駆け落ちは結婚して逃げる、逃げて結婚、などこれらの手話は多彩にある。

 

 人生の分岐点を表す手話の特徴かも知れない。