手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

キッス・キス 鏡 靴 時計 時間 場合 時々 京都 の 手話

f:id:sakukorox:20170717220127j:plain

手話を知らない人も

      手話を学んでいる人もともに
  {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー

 

キッス。

f:id:sakukorox:20170717220246j:plain

 

 接吻という手話ではない。

 

 キッス(Kissキス)は、戦後、外国映画で多くのろうあ者が目にして語り継がれた。

 

 映画を見た時のろうあ者は、キスシーンで恥ずかしくて下を向いていたと言う。特に男性の場合は、繰り返すキスシーンに次第に憧れを抱くようになったそうだ。

 

 このキスは、まさにその時の映画のシーンを彷彿とさせる。

 

  手話を見ていると、女性を抱き寄せてキスをする情景が浮かび上がる。


鏡。

f:id:sakukorox:20170717220340j:plain

 
  伊東雋祐氏は、この鏡を合わせ鏡の動作から表現されていると言う。

 

 手鏡を前後ろにして、手のひらを鏡。手の甲を鏡の裏に見立てて、顔と髪の様子をよく見る女性の細やかなしぐさを一動作で表現している。

 

 顔の前の鏡と後ろ頭の高さを微妙に違えているところを見てほしい。

 

 同じ高さになると同じ高さで鏡を見ると無限に同じ顔が広がるためで、見たいところを見ようとするには、同じ高さでは見えないからである。


 靴。

f:id:sakukorox:20170717220500j:plain

 

 靴の形態ではなく、両足を指先から靴に入れて、引いて靴を履く動作から手話表現されている。

 

時計。

 

 時間。時。場合。時々。

 

f:id:sakukorox:20170717220722j:plain

 

  針(人差し指)が中心軸(拳の中心)を回ることで、時計の動きと時間を表している。

 

 従って時間とか「その時」=場合・時機などに多様に使われた手話である。

 

 この手話を二度繰り返すと、時々、その場その場となる。

 

 「時々、お会いします、あなたの名前は」などよく使われた手話である。