手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

やかん 急須 お茶 ボタン ろうそく 織物 織る 京都 の 手話

f:id:sakukorox:20170718163305j:plain

 手話を知らない人も

         手話を学んでいる人もともに
  {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー

 

やかん。
急須・お茶

 

f:id:sakukorox:20170718163540j:plain

 

 やかんというよりこの場合は、急須という手話として表現されているように思える。

 

 ともかくお茶を飲む意味で、転じてお茶という意味も含まれた。

 

 1960年代になってベトナム戦争が激しさを増し、京都ではベトナムの指文字「へ」とお茶を掛け合わせて、写真中間の手話を横に動かすか、振ることでベトナムと手話で表した。

 

 社会情勢を機敏にとりいれた知恵に驚かされる。

 

ボタン。

 

f:id:sakukorox:20170718163810j:plain

 

 この場合は、学生服のボタンであろうか、上から下へと丸いボタンが並ぶ様子を表している。

 

ろうそく。

 

f:id:sakukorox:20170718163904j:plain

 

 握り拳をロウに見立ててそこから燃えあがる炎を現している。

 

 電気やランプのなかった時代から先人によって伝えられてきた手話であることが解る。

 

織物。
織り。織る

f:id:sakukorox:20170718164010j:plain

 

 縦糸と横糸の組合せで織物を表現している。

 

 多くのろうあ者が、この織物の仕事に携わってきた。

 

 機械化されて、機の音の騒音がろうあ者には聞こえないから「適切な職業」だとされたり、言われたりしてきた。

 

 しかし、織物に携わる人々の低賃金で過酷な労働。特に納期に間に合わせるために睡眠どころでなかった悲惨な労働は、語り継がれて言って欲しいと思う。

 

 地場産業と言われた西陣、丹後の織物に多くのろうあ者が携わっていた。