手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

表情は手話に生命を吹き込む 比べる 比較する 天秤にかける 組み立てる 組み合わす 崩れる 崩壊する 京都の手話

f:id:sakukorox:20170729213857j:plain

手話を知らない人も

   手話を学んでいる人もともに
  {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー

 

比べる。
比較する。
天秤にかける。

 

f:id:sakukorox:20170729214012j:plain

 左右の手のひらを上下して天秤などの様子を表す手話。

 

 右、左と顔を向けて見つめる。

 

組み立てる。
組み合わす。

 

f:id:sakukorox:20170729214054j:plain

 二つの開いた手を上げて、三角状に指を組み合わせる手話。

 

 むねあげ(棟上げ)を暗示させる。

 

 手は、合わすのではなく、手を「組む」ところに意味を表現している。

 

崩れる。
崩壊する。

f:id:sakukorox:20170729214133j:plain

 

 「組み立てる」の逆の手話の動きで、組み立てたものが壊れるで崩れるという手話。

 そのショックが表情で表されている。

 

 あらゆる場面で表情は、手話の上では重要である。それは、手指や腕や体幹の表現に生命を吹き込むからである。

 

 崩れたものをもう一度組み立てた時に表情は喜びに包まれる。