手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

お金がなくなる すっからかん 避ける 逃げる 逃走 逃亡 適当に ~的 ピッタリ 合う 塩梅 京都の手話

f:id:sakukorox:20170803182433j:plain

手話を知らない人も

           手話を学んでいる人もともに
  {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー


  お金がなくなる。
 すっからかん。

f:id:sakukorox:20170803182539j:plain


 
   右手でお金の手話をして、それが両平手ですりあわせることで、手元のお金がなくなったという手話。

 

 株、商売や競馬、競輪、賭博などですべての金を失った場合などでよく使われた手話。

 

 怠ける。
サボる。

f:id:sakukorox:20170803182616j:plain

 

   漢字の怠けるの、ム、口に心のハだけを口の上に組み合わせた手話であるが、ぼんやりしている、鼻水垂らしてなにも考えていないなどの意味からの手話。

 

逃げる。
逃走。
逃亡。
避ける。

f:id:sakukorox:20170803182651j:plain

 

身体を右から左に動かして、逃げようとする姿を示して逃げるの手話。

 

 あ、やばいと逃げる。

(話から)にげるなど。

 

適当に。
~的。
ピッタリ。
合う。
塩梅。

f:id:sakukorox:20170803182724j:plain

 

 左右の人差し指をそれぞれ指先に合わせて、合っている、適当に、「紳士」などの意味を持った手話。

 

 写真は、左右入れ替わっているので、右側から見ていただきたい。