手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

目線を追う表情は手話では大切 下品 鋭い 鋭利 ずるい 鋭い 鋭利 危篤 死ぬ寸前 からっぽ 京都の手話

f:id:sakukorox:20170808200914j:plain

手話を知らない人も

            手話を学んでいる人もともに
  {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー


下品

f:id:sakukorox:20170808201031j:plain


 下品の手話は、仏教の浄土に往生する上中下の下位の往生から来ているのではないかと思える。

 

 鼻を剥ぎ取るようにして手のひらに落とすが、そこでとめる手話。

 

やっていることが悪い場合によく使われた手話。

 

 上品は、下の写真の手のひらに添えた指を上に上げる場合もある。

 

鋭い。
鋭利。

f:id:sakukorox:20170808201151j:plain

 

 右の人差し指に左親指と人差し指で輪を作り、左親指と人差し指の輪を次第に狭めて伸ばすことで鋭さを表す手話。

 

 なお、これまでもこれ以降も左手右手と書いて説明するが、明石欣造さんの場合は、右利きであるので、そのまま説明しているが左利きの人はこの説明と左右の手の動きは違っていた事は言うまでもないことだろう。

 

 目線を先へ先へと追う表情は手話では大切である。


ずるい。

f:id:sakukorox:20170808201255j:plain

 

 狡いの交をとり、顔の裏面を表現しているようにも見えるが、手のひらを返した顔でそれまでと裏返しの表情で人を騙したり、ごまかしたりする手話で、ずるい、を表現したと聞いた。


危篤。
死ぬ寸前。

f:id:sakukorox:20170808201345j:plain


 死ぬ、葬式でも述べたが、手を合わして倒すと死。その寸前で合わせた手を止めているので死ぬ寸前、危篤の手話。

 

からっぽ。
空。

f:id:sakukorox:20170808201433j:plain

 

 手のひらに何もないを右手を左右に動かして、空であることを示す、からっぽの手話。


おかしい。可笑しい。

f:id:sakukorox:20170808201527j:plain

 人差し指と親指を付けて顎の真ん中に付けると疑問、変、疑いだが、人差し指を付けることでおかしい(疑問の意味合いをもった)という手話。

 

 どうも話が「おかしいぞ」という場合などや「その手話はおかしい、そうではないよ」などの意味で使われた。