手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

ことばは身振りや手振りからうまれたので手話も同じ動作がある うまい おいしい まずい 忙しい ひまがない 危ない びっくり ショック 新しい さら いけない 駄目 京都の手話

f:id:sakukorox:20170809192426j:plain

手話を知らない人も

                  手話を学んでいる人もともに
  {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー

 

  うまい。
  おいしい。

f:id:sakukorox:20170809192651j:plain

 

 この「うまい」は、食べ物のうまい、おいしいの意味で「涎」などを拭く様子から生じた手話とされている。

 

 左から右まで顎の下をくるりと曲げて、手を下ろすとおいしかったの手話となる。

 


まずい。

f:id:sakukorox:20170809192624j:plain

 この手話も食べ物の場合などの「まずい」の手話で、「うまい」という手の動きを顎から捨て去る動作でまずいという手話。

 

忙しい。
ひまがない。

f:id:sakukorox:20170809192739j:plain

 「ひま」の手話は、両手のひらを膝に置くが、そんな瞬間もないというような動きで

手のひらを平らにして交互に上下する手話。

 

 あちこちと動き回る様子を表した手話。

 

  危ない。
 びっくりした。
 ショック。

f:id:sakukorox:20170809192835j:plain

 危ないの手話は、「危」のしゃがみ込むという意味からも来ているが、ビックした時によくやる動作と同じ手話。

 

 両手を胸に突然突きつけると、ショックとか非常に驚いたとかの手話になる。

 

 ゆっくりと同じ動作を繰り返して、場所を指さすと「危ない場所」とかの意味になる。

 

 これらの動きも微妙であるが、これもまた見る側からすると相手の臨場感が伝わり、感情を共有化出来る。

 

新しい。
さら。

f:id:sakukorox:20170809192921j:plain

  両手の閉じた手を自分に向かって開くことで新しいという手話。

 

ぴっかぴか、など光り輝くことで新しいという意味で使われるが、手話も同じであるし、その事からも手話表現が取り入れられたと考えられている。

 

いけない。
駄目。

f:id:sakukorox:20170809192959j:plain

 だめですよと通常使われる手の動きそのもの手話。

 

 外国の身振りや手振りでも同じ動作があるが、この場合は、鼻に指先をあてて鼻が折れる、から、鼻が折れるから‥‥‥という意味もあると説明されたことがある。

 

 自信をなくす、自分を見失う、などの意味合いを込めていると考えられる。