手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

鎧袖の重なりもダブらせて視覚的イメージを表し 歴史 流れ 経過 漢字 活字 ひらがな 京都の手話

f:id:sakukorox:20170814140115j:plain

手話を知らない人も

              手話を学んでいる人もともに
  {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー

 

歴史。
流れ。
経過。

f:id:sakukorox:20170814140211j:plain

  歴史ということばは、明治時代にhistoryの訳語としてつくられた漢字。

 

それまでは、「史」が主に使われた。

 

 このように明治時代に「造語」と言っていいことばが量産された。

 

 ろうあ者はその歴史の意味合である「歴史的探求の積み重ねから得られた知恵」の「積み重ねから」を巧みに表現した。

 

 肩から手までに手のひらを少しずつ凹凸を付けるような動きをして「積み重ね」を表現したが、同時に武士達の鎧袖の重なりもダブらせて視覚的イメージを表した手話。

 

 従って、「流れ」「経過」などでもこの手話が使われた。

 
  漢字。
 活字。

f:id:sakukorox:20170814140253j:plain

 次のひらがなの手話と比べてみるとよく解る。

 

 漢字は、手指を曲げて四角い、としてそれを下方に順番に置くしぐさで漢字の手話。

 

  金属の字型の活字を表現している。

 

  活版印刷の工程で、原稿に従って活字棚から活字を順に拾い、文選箱に納める文選工は、ろうあ者の憧れの仕事であった。

 

 ごく一部であるが、ろうあ者で文選工に就いた人がいた。

 

ひらがな。

f:id:sakukorox:20170814140332j:plain

 漢字に対してひらがなの手話は、手のひらを紙に、人差し指を筆にたとえて、すらすらと書く動きでひらがなの手話としている。