手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

至福のごちそうの想い出を表現 するめ 氷 京都の手話

f:id:sakukorox:20171011170632j:plain

手話を知らない人も

          手話を学んでいる人もともに
  {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー

 

するめ

f:id:sakukorox:20171011170956j:plain

 右側 太陽の日差し すなわち太陽にあてて干すの意味を含めて表現。

 

 左側 顎の下に手をあててそれぞれの指を上下する。イカが泳ぐ表現。

 

 太陽の日差しで干されたいか=するめ と言う表現である。

 

 かっては、京都北部の海岸線にはイカを切り裂いて天日干ししてするめにしている光景が到るところで見られた。

 

 氷。

f:id:sakukorox:20171011171121j:plain

 かき氷と言うほうが適切だろう。冷たい=氷 氷を氷鉋で削って蜜をかけて食べる至福の時の想い出が込められている。