手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

相手に伝えようとする知恵の結集 天ぷら 揚げる 竹の子 丼 京都の手話

f:id:sakukorox:20171022012914j:plain

手話を知らない人も

                     手話を学んでいる人もともに
  {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー


  天ぷら。

f:id:sakukorox:20171022013108j:plain

  左側は、髪の毛を下に動かして油(髪の毛に油をつけていた時代の表現を伝習)の手話と右側は、なべて下から火をたぎらせる手話。

 

 合わせて、天ぷら、揚げる・揚げ物の手話。

 

竹の子。

f:id:sakukorox:20171022013148j:plain

 京都では多く竹林があり、至る所で竹の子が採れた。食する竹の子は、地面から出ようとする竹の子でないと食べられない。

 

 大地から掘りたてた竹の子の皮を幾重にも重なって表現して竹の子の手話。

 

 右手と左手の両手に少し膨らして上へと重ね合わす手の動きは、竹の子の特徴を見事に捉えている。

 

 竹の子の皮は、いろいろと使われた。

 

  観察眼の鋭さと特徴を圧縮して単純化する手話をここでも見いだすことが出来る。

 

 丼。

f:id:sakukorox:20171022013235j:plain

 上から降ろして丼の漢字を表す手話。

 

 井戸と丼は点があるかないかの違いであるが、手話では井戸は人差し指と中指で井を組み合わせるが、丼は、ご飯に具材を乗せることから右手を上から降ろして丼として、井戸と区別している。

 

 漢字をとりいれた手話表現だが、ひとつの動きで違いを表している。井戸の手話をして真ん中に点の指を添えても見る側には違いが解らない。

 

 相手に伝えようとする知恵の結集とも言える。