手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

京都府立聾学校では 手話は禁止されていない

f:id:sakukorox:20171211195431j:plain

  手話を知らない人も

           手話を学んでいる人もともに

  {再編集投稿}ー京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー

 

  幼稚部から高等部まで
 身振りや手話は使われている

 

  聾学校では、手話が禁止されていた、と断定的に言う人がいる。

 

 最近、1950年代前半から半ばにかけての貴重な8mmフイルムを入手した。またそれを裏付ける当時の先生の長時間にわたる証言も得ている。

 

 そこには、幼稚部から高等部まで身振りや手話は使われている。

 

 もちろん補聴器や聴能器機も使われているが、口話しか出来ない先生もいた。

 

   聾学校では手話は禁止
 されていたとは言えない

 

 だからといって京都府聾学校では手話は禁止されていたとは言えない。

 

 フイルムには、今も健在な聾学校卒業したもいるし、亡くなられた方もいる。

 

 そこで生前、手話も含めた授業をしていて公開することを是としたた先生たちの写真を掲載しておく。

f:id:sakukorox:20171211195733j:plain

f:id:sakukorox:20171211195752j:plain

f:id:sakukorox:20171211195808j:plain

上の写真は高等部生徒総会の一コマ。

  

学校長の前で生徒たちが手話で会話

 

 当時生徒だった人々の個人もかなり特定出来る写真もあるため、プライバシーの関係で掲載はしないが、生徒同士で口話や手話や文字などで教え合っている様子は微笑ましいものもある。

 

 また学校長の前で生徒たちが手話で会話している様子もある。

 

  手話を禁止して口話だけ

     という公式見解はない

 

 戦後の京都府聾学校の公式文章を調べたが、手話を禁止して口話だけという公式見解はない。

 

 でもこのことを言うと、手を後ろに回して口話だけで教えられたという人もいるが、それで聾学校で手話が禁止されていたと言うことにならない。

 

 コミュニケーションのあらゆる手段が使われていたが、それぞれの先生のそれぞれの思いであるコミュニケーション手段のみ使われていたと考えるべきだろう。

 

 ただ、1960年代後半になると幼児教育分野でインテグレーションがさかんにい言われて、口話固執する先生も増えるが、かといって京都府聾学校が学校として口話を推進して手話を禁じたと言うことにはならない。

 

   現在の京都府聾学校幼稚部の教育

 

 現在の京都府聾学校幼稚部の教育では、あらゆるコミュニケーション方法が取りい入れられて授業が進められている。もちろん手話も。

 

 その手話は、京都で培われてきた手話が用いられていてそのほうが幼児期の子どもの教育に適しているという先生もいる。