手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

ろうあ協会の Cさん 二度の教員採用試験で不合格への京都府教委交渉

f:id:sakukorox:20180108194000j:plain

手話を知らない人も

     手話を学んでいる人もともに

{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

  過去の問題では決してない
  教育委員会や行政の責任が数多く「隠蔽」

 

 ろうあ協会の役員をしていた Cさんが二度にわたって受けた教員採用試験で面接まですすみ、不合格になった件は、教員採用試験ばかりか、教員免許を取得しているにも関わらず教員として否定するものであった。

 

 このことは過去の問題では決してない。現在各地で問題にされている教師の不適格問題の背景には教育委員会や行政の責任が数多く「隠蔽」されているように思えてならない。

 

 今日ほど障害者問題が社会的に取り上げらなかった時代。Cさんが二度にわたって受けた教員採用試験で面接まですすみ、不合格になった問題はCさんのみならず教師や教育の根幹に関わる重大な問題を含んでいた。

 

 この頃、大阪では障害者の教員採用をめぐる先駆的取り組みがなされていた。

 

  交渉に参加して欲しい
と話したが難色を示して黙り込んで

 

 私たちは、京都府教委の教員採用試験制度を徹底的に調べるとともに公表された資料を基に可能な分析を行って京都府教委に教員採用をめぐる交渉を申し入れた。

 

 京都府教委との交渉の日程が決まった段階で、Cさんと会い、交渉に参加して欲しい、と話したが難色を示して黙り込んでいた。

 

 京都府ろう学校の同僚やろう教師として日頃、各地で講演したり、手話や手話通訳やろうあ者問題に精通していると理解されている教師にも交渉への参加を申し入れた。

 

 京都府教委との交渉の当日。

 

 Cさんは、旧京都正庁の会議室での交渉に参加していた。が、ろう学校の教師の参加は少なく、ろう教師や手話や手話通訳やろうあ者問題に精通していると理解されている教師の参加はなかった。

 

あなたたちは教員の採用に
ついてまで干渉するのか

 

  Cさんが二度にわたって受けた教員採用試験で面接まですすみ、不合格になった件で京都府教委に話しはじめると、すぐ、

 

「教員採用の問題は人事に関わる問題なので話をすることは出来ない。」

 

「あなたたちは教員の採用についてまで干渉するのか。人事決定権は府教委にある。」

 

と威圧してきた。

 

 交渉のテーブルの前列に居た私は、会議室の後方に居るCさんを見た。Cさんは、顔を俯けたままだった。

 

  二度にわたって面接まで採用試験がすすみ
不合格になったのはCさんだけ

 

 「教員採用について干渉することで話をしているのではない。二度にわたって面接まで採用試験がすすみ不合格になったのはCさんだけではないか、他に人たちは、面接まですすみ一度の試採用試験で採用されている。これらの事実は私たちが調べたので明白である。面接でCさんは不合格になったとしか考えられない。そうではないか。」

 

京都府教委に詰め寄った。

 

 するととんでもない回答がなされた。

 

Cさんが採用されても
合格者として

名簿登載されるだけにすぎない

 

「たとえCさんが採用されて通知が行ったとしても、それは教員採用合格者として名簿登載されるだけにすぎない。教員採用試験合格即採用という意味ではない。」

 

 「あなたたちの言うCさんの採用試験時には、たとえCさんが採用試験に合格していても専科教科なので、国語や英語のように採用枠が広いというわけではなかったはずだ。」

 

とまで京都府教委担当者が言い出した。

 

 そこで、

 

「専科教科の枠は少ないが、Cさんが教員採用試験を受けた年度には、新採として教員配置したと4月1日付けの新聞発表で公表しているではないか。」

 

「専科教科なので、国語や英語のように採用枠がないと言うのは事実に反する」と京都府教委に反論した。

 

府教委のメンバーの顔色がみるみる変わり

 

 列席していた府教委のメンバーの顔色がみるみる変わり、こそここそと担当者同士で耳打ちして

 

「今日はここまでで終わりにして欲しい」

 

と言い出した。

 

 京都府教委に検討させるために交渉は中断して、二回目の交渉を約束した。