手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

手話 を利用しての犯罪なのにまったく取り締まろうとしない警察に

f:id:sakukorox:20180119001830j:plain

   手話を知らない人も

      手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

家族がろうあ者だけれど
 一人だけ聞こえる人が

 

 ある日の夜。

 

 ろうあ協会の役員に呼ばれて、次のようなことを依頼された。

 

 家族全員がろうあ者だけれど、一人だけ聞こえる人がいる。

 

 親も兄弟もろうあ者だから生まれ育ちの中で自然と手話も覚えてきた。

 

 手話が使出来ることは

ろうあ者に信頼と安心をさせるが

 

 今は手話が使出来ることは、ろうあ者に信頼と安心をさせるし、頼られることになる。

 

 本人もそのことをよくよく知っていた。

 

 ろうあ者の中では手話が出来るからとすべてのことで安心してはいけない。

 

 用心するようにと話し合われてきた。

 

手話を使い
すべてのものを巻き上げ続けて

 

 ところが若いろうあ者の女性が狙われて手話を使い、巧みに寄り添い、金品ばかりかすべてのものを巻き上げ続けている。

 

聾唖者はこれを罰せず
   という刑法があると警察

 

 警察に被害届を何度出しても。

 

「聾唖者はこれを罰せず、という刑法があるから、取り組むだけ無駄だ」

 

とまったくとりあげてくれない。

 

 加害者はろうあ者でないのに。手話を使った犯罪なのに、と言ってもずっーとダメだった。

 

弁護士を通じて
加害者を訴えたいので
 聞こえる立場で証拠をつかんで

 

 これ以上被害を増やすことは出来ないので、被害状況を調べて、ろうあ協会のことをよくよく知って今まで協力してくれた弁護士がいるので、弁護士を通じて加害者を訴えたい。 

 

 ぜひ、協力してくれ、と言う話だった。

 

 聞こえる立場同士で話をしてとっちめて、証拠をつかんでくれ。