手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

聞こえない 家族 の中で育ったから 聞こえない人 のことを理解している思い込んでいるが決してそうではない

f:id:sakukorox:20180119222134j:plain

手話を知らない人も

          手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

 数年後、私は教職員組合の役員をしていた。

 

 その時、ろう学校分会の府教委あての要求書が出されてきた。

 

両親ろうあ者の家庭に
   訪問教師をと提案したが大げんかに

 

 ろう学校幼稚部の子どもの付き添いと家庭での宿題のために教師を派遣する項目を付けては、どうか、と提案して要求書の項目につけ加えて欲しいと頼んだ。

 

 ろう学校分会で相談して返ってきた答えは、「不必要」と言う答えだった。

 

 絶対譲れない、と言い続けて、終いには大げんかになってしまった。

 

 ろう学校分会の要求項目だから、口出しするな、とまで言われたが絶対引かなかった。

 

 学校教育法上にも定められた教師の派遣項目を要求するのは正当なことだ、とまで言ったのだが‥‥‥。

 

聞こえない家族の中で育ったか

聞こえない人のことを理解している
と聞こえる人もろうあ者の人も

い込んでいるが

       決してそうではない

 

 さて、加害者の兄さんは、「ことばの宿題」を中断して次のようなことを言われた。

 

 「弟のやっていることは、家族としても許せない。」

 

 「多くの被害者に対して弟は人間としてしてはいけないことをしているので、罰したいし、罰するために尋ねていただいたことに感謝する」

 

 「聞こえない家族の中で育ったから聞こえない人のことを理解していると聞こえる人もろうあ者の人も思い込んでいるが決してそうではない。」

 

 「そのように思われているから、弟はますます悪事を拡大するのだ。」

 

手話を悪用することはダメだが

手話が出来るからいい人
    とみんなが
思い込まないようにして欲しい

 

 「人は人として考えるようにあなたからもみんなに知らせて欲しい。手話を教える場合も、悪用することはもちろんダメだが、手話が出来るからいい人、とみんなが思い込まないようにして欲しい。おねがい、おねがい。」

 

 「手話通訳をみんなが欲しがっている時に、手話を使って悪事をする、とても哀しいが、腹立ちのほうが天にも届くほどだ。」

 

 「どんなに貧しい生活をしていても、私たちはそれに耐えて必死に生きている。貧しいから人の物や人を傷つけて自分が幸せになろうと思ったことなど一切ない。」

 

 「弟だからといって庇うことはない。どんなことでもするので協力して欲しい、おねがいします。」

 

  加害者のお兄さんの気持ちも知って、その後、多くの人々が協力して、加害者が逮捕されることになった。

 

 だが、これによく似た事件はその後続いた。