手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

「探す」と言う手話を次第に大きく(広げて)

f:id:sakukorox:20180122204144j:plain

手話を知らない人も

                  手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

いつのことかも知らなかったわ

   ただ歩いていただけ

 

 すれ違っただけで、この女性は聞こえない、と思ったIさん。

 

 奥さんに聞くと

 

「ただ歩いていただけ、手話も知らなかったし。」

 

「いつのことかも知らなかったわ、その頃は。」

 

とあっさりした返事。

 

すれ違った場所に行きその女性を探すが

 

 モジモジしたIさんは宮津での出会いだったと言う。

 

「それで、」

 

と聞いた。

 

 戦前の自転車を持っている人の少なかった時代。

 

 豪商Iさん宅には自転車があった。

 

 Iさんは、昼休みになるとすぐ自転車を必死にこいで、Iさんの奥さんと、すれ違った場所に行き探す、見つからない、で、慌てて帰る。

 

 仕事が終わるとまた自転車で、休日は一日中探し回った、とIさんは言う。
 
「それで、」

 

と聞くと。

 

 Iさんは、「探す」と言う手話を次第に大きく(広げて)していった。

 

 「で、みっかったん。」

 

 Iさんはしょんぼり。

 

 何ヶ月も同じ事の繰り繰り返し。

 

 次第に出会った場所から地域を広げていった。

 

  「探す」「探す」の手話の繰り返し

 

 当時、京都北部の加悦谷、宮津、岩滝などの丹後地方は、舗装もされていない細い道で山道の高低差も多かった。

 

 現在でも加悦谷から岩滝まで車で行っても時間がかかる。

 

 だが、Iさんの話にはそれらの苦労話は一切が出てこない。

 

 「探す」「探す」の手話の繰り返し。

 

 同じ繰り返しについ、

 

「それで見つかったの」

 

と結論を聞いてしまった。

 

ついに、ついに、ついに
      すれ違った女性に出会った

 

 Iさんの表情は急に柔和になった。

 

 岩滝町を走っていたときに、ついに、ついに、ついにすれ違った女性に出会った。

 

 1年ははるかに過ぎていた、と言う。

 

 「一度すれ違っただけで、その女性とわかったん。」

 

と聞くと、Iさんはコックリうなずく。

 

 「で、奥さんはどうIさんのこと覚えていたの」

 

と聞いた。

 

 「全然、知らなかった。」

 

と言うが。