手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

これを機会に充分ろうあ対策を 1966(昭和41)年12月21日 京都府議会本会議

 f:id:sakukorox:20180212191823j:plain

手話を知らない人も

     手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

京都府知事答弁

 

 ただ今のN議員の御質問について一般的な問題について私がお答えして、専門的なものは各関係者に答弁さして頂くようにお願いしたいと思います。

 

 まず府がメッセージを出して、補助金を出す以外に何もしていないということは、あんまりひどいと思うのです。

 

現実自体をよく科学的に認識
適切な措置を取るのが
 行政担当者の任務

 

 少しはやってるつもりなんでありまして、メッセージと補助金だけで民生事業をしている訳ではありませんが、これはNさんのはげしい云い方で、少し吃りになってもらったらいいかと思うんであります。

 

 エーはげしい言い方だと思います。

 

 しかし、我々行政といたしましては、行政目的というものがある訳です。それから行政の制度、しくみってものがある訳です。

 

 その中におきまして、私共はです、現実自体をよく科学的に認識して適切な措置を取るという事が、行政担当者の任務であります。

 

 そういう点で今、N議員に教えられる所は非常に多いんです。

 

いろいろお話をうかがってますと
  私も反省する所が多かった

 

 我々が現実自体を充分に認識把握しないで、いく分その上っつらなやり方をしていたという事については、心から反省し、今後直してまいりたいと存じます。

 

 しかしながら、我々の部課長が全然民主府政を考えないで、別にやっていた、あるいはそう考えたと云う訳じゃなしに、私が十六年間民主府政を守り得たことは、これは、やはり部課長はじめ四千六百の職員の協力のたまものであります。

 

 その点ではひとつ御了承を頂きたいと思います。

 

 ただ、人によっていろいろ考えも違いますけれどもまあ、思想は強制しないつもりであります。

 

 いろいろの考えはございましょうけれども、そういう点はひとつ御了承を頂き、一生けん命働いているのです、職員すべてについてそれは必ずしも知事部局ばかりでなく医科大学も、府立大学も教育委員会もまたその他の労働委員会もすべてそういう点については、もしN議員の御指摘のように不充分な点があれば、私の指導指揮監督が不充分なんです。

 

 今、いろいろお話をうかがってますと、私も反省する所が多かった訳です。

 

市町村の役目だといっても
充分音頭をとって
進め切れなかった事は府の責任
これを機会に充分ろうあ対策を

 

 仮りに市町村の役目だといっても、充分音頭をとってこれを進め切れなかった事は、これは府の責任でもあると存じますので、これを機会に充分ろうあ対策をやってまいりたい。

 

 その点で御指摘頂いた事については、充分今後留意し努力してまいりたいと存じますゆで、そういう意味におきまして、特にこのろうあ対策の問題でもです、行政的には一つの民生的な問題として、もちろん教育の問題もございますが、だいたいこの直接住民に接触される市町村がなさるべきであって、特に京都市のような大都市におきましては、京都市が、主力になるべきでありますけれども、われわれがよく、今、N議員が御指摘になったような事を認識しないで、府がその民生対策としてその指導が不充分であったという事は反省します。