手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

口話教育だけでろう教育は充分ではないと示さなかった教師たちの責任 第一回全国手話通訳者会議考察

f:id:sakukorox:20180716145524j:plain

手話を知らない人も

                    手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介

 

  往々にしてろう学校では、あたり障りのない、見て見ぬ振りをする傾向が横行していた。

 

 だが、ろう学校の教育をたえず改善したり改革する取り組みは、ろう学校教育には避けて通ることの出来ない重要な問題であった。

 

教育論で考察するのではなく
 感情的をあらわにする教師たち

 

 ろう学校教師の勇気と見通しのある取り組みが必須であったが、それは、あたり障りのない、見て見ぬ振りをする傾向が横行していたろう学校の教職員の対立とトラブルは避けて通れないことであったともいえる。

 

  例えば、1960年代後半、口話教育に取り憑かれている教師に対して、手話教育も必要であると主張すると、あたり障りのない、見て見ぬ振りをする傾向にメスを入れられたようにとる教師たちは、主張する教師は教育論で考察するのではなく、感情的をあらわにするだけに留まる。

 

結果的に「あたり障りのない

見て見ぬ振りをする」集団の一員になる

 

 そして、「教職員の中で浮かされる」「村八分に合う」などなどのことがしばしば見受けられた。

 

 それ所以にそれらを避け、ろう学校以外では手話などのいろいろな問題を発信しながら、学校内部では黙認する教師が多かった。

 

  結果的に、自分も「あたり障りのない、見て見ぬ振りをする」集団の一員となる。

 

教育実践で口話教育だけで
ろう教育は充分ではないと示さなかっ

    教師たちの責任は極めて大きい

 

手話の出来る教師もなおさらそうであったことを解明せずに、ろう学校における口話主義、ろう学校で手話が禁止されていたなどの問題を歴史的に断定して述べることは出来ないはずである。

 

 口話教育が、ろう学校で教育制度的に行われたというよりも教職員がそれを積極的にすすめる傾向に疑問や改善や教育改革方法や自らの教育実践で口話教育だけでろう教育は充分ではないと示さなかった教師たちの責は問われていない。

 

 ハッキリ主張すれば、自らの教育実践で口話教育だけでろう教育は充分ではないと示さなかった教師たちの責任は極めて大きい。

 

 とあえて述べる。

 

手話が禁止されていたなら
なにをどのようにしたのか ろう学校教師は

 

 ろう学校で手話が禁止されていた、と断定するのは簡単である。

 

 では、その禁止に対してろう学校の教師は、

 

なにを、

 

どのようにしたのか、

 

手話での教育を主張し実践したのか、

 

を考えるずにろう学校で手話が禁止されていた、ということで教職員たちが改革しなかったことを結果的に許容していることになる。