手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

全国で通じあえる手話を 行政が手話講習会のシステムを広げることを 第2回全国手話通訳者会議および通訳者研修会 1969年

f:id:sakukorox:20180808214240j:plain

手話を知らない人も

               手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

各地の手話講習会の広がりと深化

 

内田

 

 神奈川の通訳研修会にっいて、お聞したいのですが。

 

丸山  

 

  神奈川県下を5プロツクに分け、週2回、9時~4時まで講習、その他は福祉事務所において相談を受けている。

 

 今一っポランテイアができ、月に1回研究会を開くようになった。

 

 全国的に、このような研修会を、 政府の機関によつて行ない、行政が手話のシステムを広げてほしい。

 

寺山   

 

 茨木でも、そういう声がでてきている。県からやるようにと辞令をもらっているが、どうやっていくのか悩んでいる。

 

全国で通じあえる手話を

行政が手話講習会のシステムを

          広げることを

 

司会   

 

 今まで皆さんにいろいろ話し合つていただきましたが、問題として、

 

 全国で通じあえる手話を

 

 行政が手話講習会のシステムを広げる

 

以上にまとめられると思いますが。