手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

法をまげてまでも、ろうあ者を守るのか 手話通訳者のあいまいな位置  第2回全国手話通訳者会議および通訳者研修会 1969年

f:id:sakukorox:20180809124823j:plain

手話を知らない人も

                    手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

ろうあ者の権利を守る
 ろうあ者の立場に立つて

 

坂本  

 

 指文字について、東海地方はあまりやっていない。 東京ではよくやつているようである。

 

 指話、手話、特に指話をやっていきたいと思いますのでよろしく。

 

司会

 

 手話、 指話,問題はあとでしていただくことにしまして、ろうあ者の権利を守るために、やはりろうあ者の立場に立つて考えてほしい。

 

 友達とのいさかいくらいで、3日間も留置場へ入らなければならなかつたときもある。

 

  こういうとき、ろう者の立場で訴えていく。警察に抗議した。

 

 反対に、通訳者の立場は、一般にどのような立場においてあるか。

 

手話通訳とは 個人なのか 単なる通訳か

通訳者とは 手話通訳とは 個人なのか                                                                                単なる通訳か

 

寺山

 

 通訳者ということばは、誰が認めたのか。

 

 通訳している人とか、ろうあ者と接触している人とかがいるが、ぱくぜんとしている。

 

 個人なのか、学校の先生という立場なのか。

 

司会

 

 ろうあ者のため、地方自治体・職場でどのように支えられているか。

 

木庭  

 

 鑑定人、通詞として行く。

 

 しかし、通訳として、相談・間題にあたるのではなく、個人としてろうあ者の立場で話にのる。

 

例  刑;務所から、面会に行くのに問題あり(殺人)

 法をまげてまでも、ろうあ者を守るのか。
 公にする通訳、通訳者の立場の微秒さ。
 通訳者がおかれる立場をはっきりする。

 

ろう者がたいしたことは
   通訳してくれないと思つて

 

吉本(東京 ろう学校教師)   

 

 ろう学校の先生が行つても、 弁護をするというより、ろう者がたいしたことは通訳してくれないと思つている。

 

 又 平日の場合、通訳者として、公文書を出して出席していたが他の先生はどういうようにして許可を得ているか。

 

橋本  

 

  学校に通訳者としての公文書を出してもらうようにしている。

 

今度(全国手話通訳者会議)は自已研修といういう形で出席した。

 

木庭  

 

  自分の場合も同じ。

 

  通訳 通詞 通事など
  さまざまな名称が使われて

 

 通訳、通詞(通事など明治時代以前には、さまざまな名称が使われている。警察、裁判所、行政のなかでこのような用語が使われることがしばしばあった。)

 

 また警察での取り調べの調書の最後には手話通訳者という名称ととめに署名・押印させられる事もあった。

 

 手話通訳も含めて真摯に通訳に携わる人ほどろうあ者の手話通訳についてしばしば公的か、私的か、など問題にされ苦悩の日々を送っていることが解る。

 

 通訳の名称や通訳の範囲については、ろうあ者の側から出されたというよりも消極的に通訳を受ける側からさまざま言われたことであることを考えておく必要がある。

 

 ろうあ者が知ろうとすること、通訳者が知らせようとすることではさまざまな嫌がらせがあった。

 

 逆に聞こえる人が、ろうあ者に対して知らせようとする場合は、これらの嫌がらせは少なかった。

 

 

 時には、通訳するからろうあ者がとやかく言うのだ、と手話通訳者を罵倒する聞こえる人が居た。

 

 手話通訳者は、この狭間の中で「揺れ動かされ」た。だからこそ、通訳とは何かや通訳者のポストを明らかにする必要性が求められた。

 

 これら手話通訳者の位置づけをめぐっては、その後いくつかの考えに別れていくことになる。