手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

手話通訳者 ろうあ者の実態を福祉施策に反映させる重要な任務第5回全国手話通訳者会議1972年

f:id:sakukorox:20181009150639j:plain

手話を知らない人も

                   手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

第2部     第1 分科会    手話通訳間題について

 

「手話通訳の行政保障について 」  提案一京都一   (4)

 

手話通訳者は
  ろうあ者の実態を福祉施策に

              反映させる重要な任務

 

5、ろうあ者福祉全体を高めるために

 

(1)  手話通訳の果たす役割

 手話通訳者はろうあ者福祉の最も中枢的役割を果たすものとして、ろうあ者の実態を福祉施策に反映させる重要な任務を負つている

 

聴覚障害者に対する正しい認識

 

② ろうあ者の生活領域についての専門的把握

 

③  ろうあ運動と共に連携できること

 

④  一般健聴者にろうあ者問題を広めること

 

⑤  ろうあ者の実態や運動から学ぶこと

 

⑥ 手話技術の学習(ろうあ者と共に)

 

現行の法体系(身障者福祉法)全体と
  ろうあ者問題の専門的把握

 

(2) ろうあ者施策のあり方について

 ろうあ者福祉が高まるためには、現行の法体系(身障者福祉法)全体が高まる必要があるが、やはりろうあ者福祉はろうあ者問題の専門的把握が重要である。

 

 このためには、

 

① コミュニケーション保障およびろうあ者問題をケスワークできる専門職員の配置

 

②  ろうあ者の職業領域についての再検討(ろうあ者の真の能力開発、就労の条件づくり)

 

③  ろうあ者のコミュニケーション保障を基礎とした文化的生活領域の整備(ろうあ者のセンターづくり)