手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

手話通訳で知り得たろうあ者の秘密の保持は 第5回全国手話通訳者会議1972年

f:id:sakukorox:20181011203617j:plain

手話を知らない人も

                手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

知り得た個人の秘密は当然守る必要
 手話通訳上の諸問題は集団的に論識する

 

4,手話通訳上、知り得たろうあ者の秘密の保持について

 

・原則としては、 通訳上知り得た個人の秘密は当然守る必要がある。

 

・一人で解決できないケースの場合は、通訳上の諸問題として、集団的に論識することが大切であり、 この場合の秘密については集団的に守つてゆかねぱならない。

 

手話通訳者の身分保障
および資格など制度化に向けて

 

5,全国手話通訳者連絡会のあり方について

 

・今後の方向づけとして、身分保障および資格など制度化に向けての運動や話し合いの場にするべきだ。

 

・全日ろう連としても、手話通訳者の専門職化に積極的に運動してほしい。

 

・通訳者会議の参加資格が全日ろう連加盟のろう協推薦グルーブとなっているが、個人的な参加や全日ろう連に加盟していないろう協の場合の間題を考えてほしい。

 

全日ろう連
   手話通訳問題について充分研究

 

 全日ろう連‥‥‥ろうあ者の権利を守ることは、 国民の権利を守ることであり、通訳者の権利が守られないならは通訳要求は実現しない。

 

 全日ろう連としても今後、手話通訳問題について充分研究し、各地区プロツクの通動を強めて行きたい。

 

手話サークル全国連絡会参加は
ろうあ協会の推薦から個人の参加に

 

事務局‥‥‥

 

① 3年前の熊本大会で連絡会が成立、しかし事務局体制の不充分な中で事業が困難であった。

 

②サークルも全国的に飛躍的に増加加したので、全国的な規模での速動を盛りあげたい。組織化の間題も充分研究したい。

 

③(注 手話サークル)連絡会議に対する参加のあり方についても原則として、地区のろうあ協会の推薦になっているが、個人の参加などについて今後検討して行きたい。