手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

きこえる人たちに何かをしてもらう  君は何をするの I IOVE コミュニケーション中学生高校生手話テキスト

f:id:sakukorox:20200215120349j:plain

 手話を知らない人も

                   手話を学んでいる人もともに  From hand to hand {伝えておきたい手話と手話テキストのことの覚え書き}

 

  きこえる人の中にも
私たちのことを理解してくれてる人もいる

 

  「でも、健一さんは、友子から手話をおぼえようとしていたし、ろう学校にも来てくれたじゃない。きこえる人の中にも、私たちのことを理解してくれてる人もいると思うけど」

 

と健一さんはたちのことを理解してくれないと思うとも子さんへの友人の意見。この間で友子さんは揺れ動きます。

 

 そして先ず友子さんは考えを確かめるために自分なりの疑問を投げかけ、動き、考えを確かめようとします。

 

  とても疑問
ろう学校の生徒を理解するこころを寄せる
 聞こえる人から近づき

        理解をしていくとに教わったから

 

 このシーンは、とても疑問でした。ろう学校の生徒を理解する、こころを寄せる、と聞こえる人から近づき、理解をしていくというように教わったからです。

 

 正直、手話を教えてくれた先輩やろうあ者の人々も同じように言っていました。私はそうなんだと思っていたので友子さんが行動を起こすこのテキストにとても抵抗感を持っていました。

 

君は何をしてたのかな
  何かをしてもらうことばかりを考えている

f:id:sakukorox:20200215120715j:plain

 

 友子さんは、ろう学校の先生に相談します。

 

友子「先生、私わからなくなったんです。耳のきこえる健一さんと友だちになれて、ほんとうにうれしかったのに。
 でも……、私、今は悲しいんです。私はいくら努力しても、健一さんのようにきこえるようにはなりません。
 だから健一さんが努力して、もっと手話をおぼえてくれたら……」

 

と。

 

 このことにろう学校の先生は、

 

「そうか………君は健一さんのことばかり言うけれども、君は何をしてたのかな」と友子さんに逆に問題を返します。

 

「私が…………?

 

「健一さんにもっと手話をおぼえてもらったらそれでいいのかな?」

 

「だって、健一さんは、『私たちの手話がわからない』と言っていました。手話がもっとわかれば、私たちのことをわかってくれると思います」

 

「うん、でもね、友子は健一さんやきこえる人たちに何かをしてもらうことばかりを考えているようだね。

 

 じゃ、君は何をするの?

 

 きこえない人がきこえる人たちの中でとどのようにがんばっているのか知ってるだろう」

 

「はい、先輩の話は聞いてますが………」

 

 このような話が出来るろう学校の先生は、いるのでしょうか。

 

 聞こえる人の理解のなさに共感したり、ろう学校の生徒の努力ばかりを言う先生は多いと思うのです。

 

 友子さんが、健一さんが「健一さんのことばかり言うけれど」「君は何をするの?」と投げかけ、ろう学校の卒業生が「理解されていない」ことにたいして「何をしているのか」をろう学校の先生は知るように、学ぶように友子さんに言います。