手話 と 手話通訳

手話通訳の取り組みと研究からの伝承と教訓を提起。苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを忘れることなく。投稿をお寄せください。

2014-12-04から1日間の記事一覧

「ろうあ者のかたがたがが、生きがいのある社会になるよう」という真意

京都府ろうあ者成人講座の開催とろうあ者の問題の拡がり 事例 3-1 戦前ろう学校に通えるのは、比較的裕福な生徒が多かった。 それは、ろう学校に通うのに少なくない費用が必要であったためである。 そのためろう学校に通えないろうあ者ほとんどは、普通校…

日本最初 京都府議会議場内 で 手話通訳 が行われた 議員の間で紛糾したが 次の時期へ

「ろうあ者のかたがたがが、生きがいのある社会になるよう」という真意 「ろうあ者のかたがたがが、生きがいのある社会になるよう」との知事の「答弁」をめぐって手話通訳者の配置という答弁がなかったことで失望感とともに一定の評価が分かれたが、京都府議…

地方自治体から国へ 手話通訳保障要求と運動の論理 福島県 の人々がはたした偉大な取り組み

手話通訳保障という概念 最初に断っておかなければならないのは、手話通訳保障という概念である。 これは、手話通訳派遣や手話通訳するという意味だけではなく、国や自治体が本来そこに住む人々のコミューン、共同体社会として手話通訳を保障するという意味…